ここから本文です

【J1展望】大宮×横浜|連敗阻止へ。ともに前節を払拭する勝点3がほしい

SOCCER DIGEST Web 6/17(金) 18:00配信

大宮――サイド攻撃のバリエーションが鍵に。

J1リーグ1stステージ・16節
大宮アルディージャ – 横浜F・マリノス
6月18日(土)/19:00/NACK5スタジアム大宮
 
大宮アルディージャ
1stステージ成績(15節終了時):4位 勝点25 7勝4分4敗 16得点・15失点
 
【最新チーム事情】
●負傷の癒えた菊地の復帰が濃厚。
●無得点だった前節を受けて、攻撃練習を重点的に行なう。
●クロスからの攻撃にバリエーションをつける意識が目立つ。
 
【担当記者の視点】
 前節・新潟戦では、開始早々の失点から挽回できずに0-1の完封負け。内容もここ最近の公式戦のなかでは乏しいものとなった。14節・神戸戦も2点リードを追い付かれて悔しい引き分けとなっただけに、第1ステージのホーム最終戦では必ず勝点3を手に入れ、悪い流れを払拭したい。
 
 そのために必要なのが、早い時間帯での不用意な失点をしないこと。そして、90分間を通して高いテンションを維持することでアウェーチームに勢いを与えないことだ。
 
 さらに、対横浜でのポイントは、サイド攻撃のバリエーションだろう。屈強なCBを擁する相手に対して、工夫なくクロスを上げて空中戦を挑んだのでは勝ち目はない。低く早い足もとへのボールや、ペナルティエリア脇へのフリーランなど、目先を変えながら攻め込み、意識を分散させることで生まれる意識のギャップを突いて先制点をもぎ取りたい。

横浜――相性の悪いスタジアムで連敗を阻止できるか。

J1リーグ1stステージ・16節
大宮アルディージャ – 横浜F・マリノス
6月18日(土)/19:00/NACK5スタジアム大宮
 
横浜F・マリノス
1stステージ成績(15節終了時):8位 勝点21 6勝3分6敗 20得点・17失点
                                  
【最新チーム事情】
●前節の川崎戦から先発を5選手入れ替えて大宮戦に臨む模様。
●左SBの下平は左ふくらはぎ痛から復帰し、古巣との一戦で先発が濃厚だ。
●富樫は7試合ぶり、ファビオと喜田は5試合ぶり、マルティノスは3試合ぶりの先発となる。
●カイケは右膝痛のためベンチからも外れる見込み。
 
【担当記者の視点】
 前節の「神奈川ダービー」では、自らのミスで2ゴールを献上。攻撃面では決定力を欠き、痛恨の完封負けを喫した。
 
 大宮とは、直近の対戦(14年10月のリーグ戦)では敵地で3-2と競り勝っているが、それでもNACKでは常に苦戦を強いられている印象で、相性の悪いスタジアムで連敗を阻止できるか。
 
 久々の先発復帰が見込まれる富樫、喜田のU-23代表コンビ、古巣相手にモチベーションの高い下平らの奮起に期待しつつ、慎重にゲームに入り、先に失点を許さないよう手堅く戦い、徐々にペースを握る展開が理想か。
 
 大宮にポゼッションで優位に立たれるシチュエーションは避けたいところ。連動したハイプレスで相手のビルドアップを妨げ、そこで奪えれば得意のショートカウンターで一気にゴールを陥れたい。
 
 中村の正確なロングパスから、背後を突く動きに定評があるCFの富樫を走らせるシンプルな仕掛けも効果がありそうだ。

最終更新:6/17(金) 18:00

SOCCER DIGEST Web