ここから本文です

【J1展望】福岡×川崎|首位の貫録を見せつけるか、ジャイアントキリングか

SOCCER DIGEST Web 6/17(金) 18:00配信

福岡――“最強の矛”を持つ首位相手でも怖れずに立ち向かう。

J1リーグ1stステージ・16節
アビスパ福岡 – 川崎フロンターレ
6月18日(土)/19:00/レベルファイブスタジアム
 
アビスパ福岡
1stステージ成績(15節終了時):18位 勝点10 2勝4分9敗 9得点・21失点
 
【最新チーム事情】
●前半戦の大一番だった前節・甲府戦で敗北。残留へ厳しい状況が続くも、選手たちは士気を保つ。
●怪我で長期間に渡って別メニュー調整が続いていた古部が完全復帰。
●連日報道陣に囲まれるなど、出番を増やす邦本へ期待度は高い。
 
【担当記者の視点】
 前節で残留争いのライバルだった甲府に0-1で敗れ、リーグ戦3連敗。15位との勝点差は4と、1試合でひっくり返せない厳しい状況に追い込まれた。
 
 ただ、選手たちから動揺の色は窺えない。真摯に結果を受け入れ、勝つためになにをするべきかを整理し、集中して準備できるのは昨季からの強み。今週も首位を走る川崎から勝点を奪うことだけに集中して、中身の濃いトレーニングを行なった。
 
 常にポジティブな姿勢を崩さない井原監督も「優勝のかかった相手との注目される試合で、うちのサッカーをどこまで表現できるか。それを大勢の人に見てもらえる良い機会だ。川崎は強豪だが、勝つチャンスは必ずある」と勝点3獲得に虎視眈々だ。
 
 最大のポイントは、リーグトップの得点力を誇る“最強の矛”をいかに抑え込むか。引いて守るにしても、高い位置から奪いに行くにしても、人もボールも常にスペースへと動き続ける相手を捉えるのは困難。パスの配球役となる2ボランチ潰しが定石だが、井原監督はどのような策を授けるのか。注視したい。
 
 また、守備面ではボールを保持され続けても集中力を切らさないこと、攻撃面ではチャンスでは怖がらずに人数を掛けてゴールへ迫ることが必要だ。ホームで胴上げをさせないためにも、是が非でもジャイアントキリングを達成したい。

1/2ページ

最終更新:6/17(金) 18:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。