ここから本文です

【J1展望】名古屋×柏|勝てない名古屋、連敗中の柏。勝敗の鍵はサイドの攻防?

SOCCER DIGEST Web 6/17(金) 19:00配信

名古屋――シモビッチを軸とした空中戦で主導権を握りたい。

J1リーグ・1stステージ16節
名古屋グランパス – 柏レイソル
6月18日(土)/19:00/パロマ瑞穂スタジアム
 
名古屋グランパス
1stステージ成績(15節終了時):13位 勝点15 4勝3分8敗 20得点・25失点
 
【最新チーム事情】
●11節から1分3敗。約1か月半ぶりの勝利を目指す。
●前節に続きシモビッチと川又の2トップを採用か?
●左SBは調子の良さを見せる安田が先発する見込み。
 
【担当記者の視点】
 ここ2戦は下位の湘南、鳥栖に連敗するなどリーグ戦では約1か月半、勝利から遠ざかる。最下位の福岡とは勝点5差、降格圏の16位新潟とは勝点1差と苦しい状況だ。
 
 前節の鳥栖戦では、シモビッチと川又の2トップを採用した。「守備のバランスを改善するため」(小倉監督)に前半のみで川又を下げ、通常の4-2-3-1に戻したが、今節も前線に“ダブルタワー”を据える可能性はある(4-2-3-1の場合なら田口をトップ下、磯村をボランチで起用か)。
 
 今週の練習ではアーリークロスを入れ、FWが落としたボールに中盤の選手が絡む形を確認。そのなかで左SBの安田が調子の良さを見せており、先発の座を掴みそうだ。安田&永井の左からの崩しには注目で、柏は高さのあるチームではないだけに、クロスからシモビッチを軸とした空中戦に持ち込めば、分はありそう。
 
 まずはどんな形でも良いのでゴールを奪い、リーグ戦で5月4日以来の勝利を掴みたい。
 

柏――選手たちは戦術よりもメンタリティの重要性を強調。

柏レイソル
1stステージ成績(15節終了時): 6位 勝点22 6勝4分5敗 18得点・19失点
 
【最新チーム事情】
●12日に行なわれたHondaFCとの練習試合は3−1で勝利。
●前節欠場の輪湖がトレーニングに復帰。今節出場は問題なし。
●中山がU-19日本代表に選出、6月13日から20日まで中国遠征へ。
●大津が右足関節三角靭帯損傷で戦線離脱。全治約4週間の見込み。
 
【担当記者の視点】
 仙台の気迫に飲み込まれた前節は今季のワーストマッチと言える。昨季の不調時のようにパスをつなぐことばかりに捉われ、積極的にシュートを打つこと、強引にでも仕掛けること、球際で激しくぶつかりボールを奪い取ることなど、根本的な部分が希薄だった。
 
 そこで今週は対戦相手の対策など戦術面以上に、選手たちは「勝つためには何が必要か」、「果たして戦えているのか」といったメンタリティの重要性を強調した。特に11年のJ1優勝から、12年に天皇杯、13年にはナビスコカップ制覇とチームの全盛期を知る栗澤と増嶋のふたりは「自分たちがそういう姿勢を示すことでこの流れを変えたい」と闘争心を燃え上がらせる。酸いも甘いも知るベテランの起用がチームを奮い立たせる鍵となりそうだ。
 
 今節の名古屋戦の見どころは、なんと言っても永井と伊東のサイドでの攻防だ。爆発的なスピードを武器とする両者のどちらがサイドを制するか――この対決が勝敗の行方を決するポイントになるかもしれない。
 

最終更新:6/17(金) 19:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ