ここから本文です

【J1展望】神戸×鹿島|優勝へ負けられない鹿島。ナビスコでの対戦では神戸に軍配

SOCCER DIGEST Web 6/17(金) 19:00配信

神戸――ほぼベストメンバーで鹿島撃破に燃える。

J1リーグ 1stステージ・16節
ヴィッセル神戸 – 鹿島アントラーズ
6月18日(土)/19:00/ノエビアスタジアム神戸
 
ヴィッセル神戸
1stステージ成績(15節終了時):9位 勝点20 5勝5分5敗 21得点・20失点
 
【最新チーム事情】
●3月のナビスコカップでは4-1で快勝。
●昨年、ホームで第1ステージ優勝を決められた浦和戦が良い経験に。
●負傷明けの小川はスーパーサブとしての起用が濃厚。
 
【担当記者の視点】
 第1ステージ優勝へ負けらない鹿島(鹿島が敗れ、川崎が勝利すれば川崎のステージ制覇が決定)を迎える今節は、シチュエーション的に昨季の第1ステージ16節・浦和戦に似ている。当時は引き分け以上で自力優勝が決まる浦和の圧力に押され、主導権を握られた。終盤の渡邉のゴールで1-1に追い付いたものの、ホームでトロフィーを掲げられる苦い記憶となった。
 
 ただ、あの経験があるからこそ、今回の鹿島戦には落ちついて臨めそうだ。また、3月のナビスコカップでは4-1と快勝している点も選手の自信になっている。
 
 ここまでは怪我人が続出したが、5月のトゥーロン国際大会で負傷した岩波を除き主軸はほぼ戦列に復帰。特にレアンドロ、P・ジュニオールの2トップは前節の広島戦で調子の良さを見せており、怪我明けの小川がスーパーサブとして起用できそうな攻撃陣は結果を残してくれそうな期待感が漂う。
 
 あとは守備陣がどれだけ耐えられるか。粘り強く戦い、必ず訪れるであろうチャンスを確実に決めたい。
 

鹿島――気負わず、いつもどおりにプレーできれば。

鹿島アントラーズ
1stステージ成績(15節終了時):2位 勝点33 10勝3分2敗 25得点・9失点
 
【最新チーム事情】
●昌子がまたひとつ、大きな自信をつけた。鹿島に加入当初、チームメイトだった興梠(現・浦和)には、普段の練習でも「なにもさせてもらえなかった」と衝撃を受けたひとりだった。前節には、その興梠を中心に据えた浦和攻撃陣を2-0で完封。神戸戦に向けて心身ともに万全だ。
●小笠原も浦和戦の快勝に浮かれることなく、「もっと良い試合をしなきゃ」と、勝点3が求められる神戸戦に向けて気を引き締めている。
 
【担当記者の視点】
 目下、7戦無敗で4連勝中と絶好調だ。直近2試合は無失点、エース金崎は4戦連続ゴールと、攻守に噛み合ったサッカーで川崎を猛追する。
 
 しかし、今節の相手となる神戸には、3月のナビスコカップで今季公式戦では最多失点となる1-4と惨敗しているだけに、嫌なイメージが残る。ベストメンバーではなかったにせよ、柴崎や小笠原、カイオ、西といった主力が先発していたにもかかわらず、「言い訳できない」(西)結果と内容だった。
 
 この敗戦から、チームはどこまで成長できているか。借りを返すことができるのか。首位の川崎が勝ち、鹿島が負ければ、その時点で川崎のステージ制覇が決まる。“負けられない”一戦で苦い記憶を払拭するような勝利を飾れれば、逆転優勝に向けて一気に弾みがつく。
 
 2-0で勝利した前節・浦和戦後、柴崎は表情を引き締めて、こう言った。
 
「今日のような気持ちの入ったゲームを残り2試合でもやって、レベルアップした姿を披露したい」
 
“常勝軍団”は優勝を争うシチュエーションには慣れているはず。気負うことなく、いつもどおりにプレーして、持てる力をすべて発揮できれば、自ずと勝点3を掴めるはずだ。
 

最終更新:6/17(金) 19:06

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ