ここから本文です

「いきなり!ステーキ」名物社長が“肉の学校”を開校。自らライバルを生み出そうとする真意とは?

HARBOR BUSINESS Online 6/17(金) 9:10配信

 美味い肉が手頃な値段で食べられる、立ち食いスタイルのステーキ屋として人気の「いきなり!ステーキ」(ペッパーフードサービス)。開業からわずか2年半で92号店舗(6月14日現在)に達し、その勢いは止まりそうにない。

 そんななか、メディアにも度々登場する名物社長の一瀬邦夫氏が、肉の学校「一瀬邦夫ステーキアカデミー」を7月1日に開校すると発表した。

 アカデミーの概要は、「4週間で開業の基礎知識・技能訓練を身に着けるのはもちろんのこと、繁盛店をつくりあげることができるよう、アカデミー本体に加えてオプションの『開業実務支援』や同じくオプションの『開業後(の繁盛店構築)支援』も構成されています」(一瀬社長)と言う。アカデミー卒業者には、独立起業のほか「いきなり!ステーキ」など既存店舗の経営委託制度も利用できる。

 ともすれば自らライバル店を作り出す可能性もある「学校」を設立するというのはいったいどういう真意があるのだろうか?

 アカデミー開校の理由について一瀬社長は「肉で、業界と社会に貢献したい」と述べる。27歳のときにホテルのコックから独立し、6畳一間12席の小さなレストランを夫婦で経営、失敗と試行錯誤を繰り返し、自身の会社をこれまで育て上げた。

「その苦労があるので、独立希望者の幸せな人生の手助けができればという思いが原点にあります」

◆独立希望者が競合店になることはむしろ本望

 しかし、アカデミーを卒業した独立起業者が増えれば増えるほど、ライバルが増えて会社の不利益にということにはならないのか。

「同じパイを取り合えばそうなるでしょうね(笑)。日本はまだ全国的にステーキ文化が根付いているとはいいがたい。お客様がステーキを求めるシチュエーションも、家族でたまには贅沢をという場合や仕事の忙しい合間に短い時間でサッと食べて力をつけたい場合などニーズは様々。ですから自由競争の中で切磋琢磨し、ステーキレストランカテゴリーの選択肢を拡大することで、ステーキマーケットの創出を図るべきだと考えているんです。わが社のモットーのひとつに『小さく始めて大きく育てる』というものがあります。今回の試みもまずは首都圏に集中して徐々に生徒を増やしていければと思っています」

<取材・文/安田はつね>

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:6/17(金) 9:10

HARBOR BUSINESS Online

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。