ここから本文です

おいしいものなんでもあり! バルセロナのにぎやかグルメ屋敷

CREA WEB 6/17(金) 12:01配信

みんなのわがままに応えるフードコート式レストラン

 旅行中の大きな楽しみのひとつは何といってもおいしい食事でしょう。とはいえ、何人かで旅行していて、さて今日の食事は……となったとき、みんなの意見がなかなか合わないことが多いのも事実。

「お肉系がいい」「やっぱりお魚系」から始まり、「ピンチョスが食べたい」「いや久しぶりに日本食が恋しい」、果ては「毎日食べすぎてるから、あっさりサラダだけでいい」などなど。これじゃみんなで一緒に食事ができない……、そんなときにお勧めしたいのが、今回ご紹介する「メルカト・プリンセサ」です。

 こちらは、なんと17軒のスタンドが集まった、いわゆるフードコート形式のレストラン。多彩なスタンドの内容は、ピンチョス、生ハムを中心としたシャルキュトリー、サラダ、モッツァレラチーズ、ハンバーガーと串焼き、魚介のタパス、ピザ、和食(寿司)、ポテト料理、コロッケ、タコス、卵料理と、とにかく何でもあり。

 店名には「タパ・マーケット」というキャッチコピーが書かれていますが、タパというにはボリュームたっぷりのメニューも多く揃っています。

 さらに、甘いもの好きの方にはデザート・スタンド、おいしいコーヒーが飲みたければカフェ・スタンド、食事もいいけどお酒もねという方には、カクテルバー、ビールバー、ワインバーが揃っています。

 自分の食べたいもの、飲みたいものを、それぞれのスタンドで注文したら、食べるのはみんな揃ってひとつのテーブルで。これなら、しっかり食事をしたい人も、美味しいワインにちょっとしたおつまみをという人も、コーヒーとケーキだけでOKという人も、みんな満足というわけです。

元貴族のお屋敷という建物の雰囲気も楽しんで!

 しかもこのフードコートが入っている建物は、14世紀ごろの貴族のお屋敷だったところ。旧市街の細い路地に面したごくさりげない入口を入ると、外観からは思いもよらない素敵な空間が広がっています。

 テーブルスペースは、各コーナーの趣に合わせてデザインされています。昔の玄関ホールにあたる階段脇のスペースはこじんまりしたカフェのテラス風、自然光が差し込むパティオ部分では長テーブルでわいわいと、カップルで寄り添いたいなら石壁のスツールカウンターなど、その時の人数や気分に合わせていろんな雰囲気を楽しめます。

 営業時間も毎日お昼過ぎから夜中までと、いつでも利用できて大変便利。ただし週末はかなりの混雑ぶりなので、昼食ならオープン直後の時間帯がお勧めです。

MERCAT PRINCESA(メルカト・プリンセサ)
所在地 Sabateret 1-3, 08003 Barcelona ※Flassaders 21と L'Hostal de Sant Antoni 5にも入口あり
電話番号 93-268-15-18
営業時間 月~木曜 13:00~24:00、金曜 13:00~00:30、土曜 12:30~00:30、日曜 12:30~23:00
アクセス メトロ4号線 Jaume I駅より徒歩5分
URL http://www.mercatprincesa.com/en

坪田みゆき(つぼたみゆき)
バルセロナ在住、コーディネイター。大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)イスパニア語学科卒。在東京スペイン政府観光局勤務などを経て、2004年よりバルセロナ在住。バルセロナ、バレアレス諸島(マヨルカ島他)、バスク地方などを中心に、スペイン全土の取材・撮影コーディネイトの他、通訳・翻訳業務も行っている。http://spainbcn.exblog.jp/

坪田みゆき

最終更新:6/17(金) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。