ここから本文です

竹富島・小浜島・タヒチの夏を堪能! 「星野リゾート」の素敵な島旅へ

CREA WEB 6/17(金) 12:01配信

竹富島の星砂ビーチでスペシャルなディナーを

 CREA7月号の特集は「明日のためのハワイ」。ハワイは何度行ってもすばらしいが、日本にも極上のアイランドリゾートがある。今回は選りすぐりのリゾート滞在をご紹介しよう。

 石垣島からフェリーで10分、竹富島の伝統を尊重し造られた琉球赤瓦の集落「星のや竹富島」。そこからほど近い、星砂が広がる美しいビーチ「アイヤル浜」に、“星砂ビーチダイニング”がオープン。

 メニューは限定のグリルコースで、彩り野菜のバーニャカウダの前菜や、黒毛和牛、車海老などの魚介のグリルがサーブされる。夕日が沈む頃からスタートし、ディナーが終わる頃には満天の星空に包まれる、特別な時間だ。

 アセロラをたっぷり使った“アセロラキレイ滞在”では、国内では沖縄のみで栽培されているアセロラの収穫を体験できる。そのあとは、フェイシャル中心のトリートメントや、アセロラジェルパックでお肌を潤す“アセロラスパ”、さらにアセロラワインを使用した“アセロラバス”でくつろぎのひととき。

 翌日はアセロラとトマトのカッペリーニなど、アセロラと赤い果物や野菜をふんだんに使った“真っ赤なビタミンブランチ”をいただこう。

 ものづくりが好きな人には“島の手しごと滞在”もおすすめ。

 竹富島は昔から手しごとが根づき、「民藝の島」とも呼ばれてきた。島の民具づくりの名人に教わりながら、海辺に生える植物アダンを使って編む“ヤミカゴ”づくりに挑戦。滞在中に自分だけのカゴを編み上げよう。天然素材でつくられた染物や、やちむんの器など、島の民芸品に囲まれた部屋に滞在できるのもうれしい。

星のや竹富島
所在地 沖縄県八重山郡竹富町竹富
電話番号 0570-073-066(星のや総合予約)
URL http://hoshinoyataketomijima.com/

小浜島でシークワーサー三昧の休日を

 沖縄本島から約400キロの南西、八重山諸島の中央に位置する小浜島のリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」。ここに“人生初漂流 絶景イカダラウンジ”が新登場。

 このためにデザインされたイカダに乗り込み、夕暮れに赤く染まる小浜島の海上を漂いながら、スパークリングワインとアペリティフが楽しめるというもの。夕日を眺めながら海の上で過ごすのは忘れられない体験になりそう。

 スパトリートメントでゆっくり癒されたいなら“シークワーサー美人ステイ”を楽しもう。化粧品など美容の世界でも注目されるシークワーサーをたっぷり使ったトリートメントが新登場。夏に旬を迎えるシークワーサーのフレッシュな香りに包まれるスパで、疲れを癒そう。

 メインダイニング「DEEP BLUE」では、シークワーサーを使った季節限定ディナーコース“シークワーサーの琉球エレガンス”を用意。そして満点の星空の下でストレッチしたあとは、さわやかなシークワーサー茶でひと息。リフレッシュできる滞在だ。

 小浜島近くの離島で楽しむ“離島のバカンスピクニック”もいい。

 無人島へ上陸したら、ゆったりとくつろいだり、シュノーケリングを楽しんだり、思い思いに過ごそう。浜辺ではシェフがバーベキューを振る舞ってくれる。すべてガイドがコーディネートしてくれるので、準備や片付けなどの心配はいらない。ラグジュアリーなピクニックだ。

星野リゾート リゾナーレ小浜島
所在地 沖縄県八重山郡竹富町小浜東表2954
電話番号 0570-073-055(リゾナーレ予約センター)
URL http://www.risonare-kohamajima.com/

1/2ページ

最終更新:6/17(金) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

なぜ今? 首相主導の働き方改革