ここから本文です

ホテルマン&競馬実況アナに聞く!名前を覚えるコツ

R25 6/18(土) 7:01配信

新年度に入って早2カ月半。ちょっと前に名刺交換した人に久しぶりに会って「あれ、名前何だっけ?」と思い出せず困った…なんてこともあったのでは? ビジネスパーソンにとって、「人の名前を忘れる」ということは、ビジネスチャンスを逃すことにもなる行為。人の名前をさくっと簡単に覚えたい…という思いは多かれ少なかれ誰でも抱くはずだろう。

この悩みを解消すべく、2人の「名前を覚えるスペシャリスト」に取材を敢行。まったく違う業界ながら、ともに名前の記憶を“生命線”とする「職人」に話を伺い、そのコツを探った。

●ホテル ニューオータニの名物ドアマンの記憶術

まずお話を聞いたのは、ホテルニューオータニのドアマンを務める吉川和宏さん。毎日多くの要人が訪れるなか、彼らの名前や愛用車、車のナンバーを覚えて、送迎を円滑に行うのが仕事。記憶している人数は、2000人にものぼるとか…。いったいどんな覚え方をしているのだろうか。

「お客様のお名前と顔写真、愛用車の車種、ナンバーをノートにリスト化しています。最初は顔写真無しでリストを作っていたのですが、顔などのビジュアルと名前を紐づけた方が覚えやすいと気づいて、今の形になりました」(吉川さん)

名前だけではなく、顔とセットで記憶すること。ドアマンならではの手法ともいえるが、吉川さん独自の方法に僕らにも使えそうなコツがある。

「会ったときになるべく会話して、お客様が笑ったり驚いたり、表情の変化を引き出すこと。違った印象が見えると、不思議と強く記憶に残ります。表情の変化がなければみんな同じ顔に見えてしまいますし、名前と顔が記憶されにくいんです」

吉川さんは、普段からお客様の趣味などの情報を仕入れておいて、会ったときに話すという。そうやっていろんな表情を引き出していくようだ。

●競馬実況のスペシャリストがかける「手間ひま」

続いてお話を聞いたのは、競馬実況を専門に行うラジオNIKKEIの舩山陽司アナウンサー。競馬では、1レースあたり十数頭の馬が出走し、舩山さんは1日で6レース分の実況を担当する。1日何十頭もの馬名を覚えなければならないうえ、一発勝負の現場では、“間違い”や“ド忘れ”は許されない。そんな馬の名前を覚えるスペシャリストには、実況前日に必ず行う作業があるという。

「レースに出る馬の名前とゼッケン番号、騎手が着る勝負服(※騎手のユニフォームで、馬主ごとにデザインがある)などをノートに書き込んで表にします。すべて手書きで、勝負服は“塗り絵”のように書きますね。これは『見た目で覚える』というより、あえて手間のかかる作業をすることで、印象づけるのが狙い。1レース分作るのに数十分かかりますが、手間がかかればかかるほど、きちんと記憶できますから」(舩山さん)

加えて、レースの直前はひたすら馬名を声に出して記憶しているという。

「口で言わないとなかなか覚えられないので。レース前は何十回も出走馬の名前を繰り返していますね」(舩山さん)

これは、ビジネスマンにも使える方法だ。「初対面の方に対しても、なるべくその人の名前を呼ぶと効果的かもしれません」と舩山さんが語るように、会話中、わざとらしくない程度に、「○○さんは~」と主語を省略せずに呼んでみるのもよさそうだ。

さらに、舩山さんが教えてくれたのは「人と会った後に、自分から一通メールを送っておくんです。文章を書いている間は、その人の顔を思い浮かべますし、記憶の定着には使える方法ですよ」という手法。これはすでに実践している人もいるかもしれないが、馬名と同じく“手間をかける”効果から生まれた方法といえる。実際、取材後、筆者にも舩山さんからメールが届いた! 送られた側の記憶定着にもつながるため、自分を印象づけたいビジネスマンにはオススメの方法だ。

2人のスペシャリストが実践する「名前の覚え方」。応用してみてはいかがだろうか。
(有井太郎)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/18(土) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。