ここから本文です

彼氏へ希望「料理中はコレをして!」TOP10

R25 6/18(土) 7:01配信

彼女に手料理を作ってもらう――男性なら憧れるシチュエーションのひとつだろう。しかし、実際にその場になると、意外と落ち着かない気持ちになるものだ。彼女が料理している時、何をしていればいいのだろうか…? そこで、20~30代の未婚会社員女性200人に、「料理中、彼氏にしてほしいこと」についてアンケートを行ってみた。

■料理中、彼氏にしてほしいことTOP10

(10項目のなかから上位2位までを選択、1位=2pt、2位=1ptとして集計。R25調べ・協力/アイリサーチ)

1位 使用済みの調理器具を洗うなどの「洗い物」 146pt
2位 テーブルを拭くなどの「調理以外の食事の準備」 139pt
3位 野菜の皮を剥く、切るなどの「下準備」の手伝い 92pt
4位 食材を焼く、茹でる、揚げるなどの「調理」の手伝い 59pt
5位 部屋の掃除など、料理とは関係ない家事 48pt
6位 話し相手(調理の手伝いはしないでいい) 42pt
7位 TVを見るなど、部屋の中で何もしないでほしい 38pt
8位 散歩など、部屋の外にいてほしい 12pt
8位 揚げる時間を計るなど、料理の「時間管理」 12pt
10位 料理の盛り付け 4pt

100pt以上を獲得し、使用済み調理器具の「洗い物」、テーブルを拭くなどの「調理以外の食事の準備」が1位・2位に。また、野菜の皮を剥く・切るなどの「下準備」も3位に入ったことから、直接調理にかかわらないサポートを期待する女性が多いようだ。一方で7、8位のように「何もしないでOK!」という意見は少ない模様。はたしてそう考える女心とは…? 回答者のコメントを見てみよう。

【1位 使用済みの調理器具を洗うなどの「洗い物」 146pt】
「あとでやらなきゃいけないことを同時進行でしてくれたらうれしい」(24歳)
「料理中に洗い物をある程度済ませておくと、食後に二人でゆっくりする時間がある」(31歳)
「実際、助かる。食べ終わった後の食器も合わせると、なかなかの量になるので」(35歳)

【2位 テーブルを拭くなどの「調理以外の食事の準備」 139pt】
「出来上がった料理を置くスペースを綺麗にしてくれたりすると食事を待ってくれている感じがありとてもうれしかったから」(27歳)
「調理しながらテーブルを拭くタイミングがつかめないから」(28歳)
「絶妙な気遣いを感じる」(31歳)

【3位 野菜の皮を剥く、切るなどの「下準備」の手伝い 92pt】
「その間に調理の準備ができて手際よく料理ができそう」(25歳)
「簡単なところを少し手伝ってもらえると、一緒にやっているみたいで楽しい」(26歳)
「同じ作業工程を共有したい」(29歳)

【4位 食材を焼く、茹でる、揚げるなどの「調理」の手伝い 59pt】
「危ない調理の時手伝って欲しいから」(24歳)
「揚げたりする時は油が跳ねたりするので手伝ってもらえると助かる」(27歳)
「隣同士に並べるので嬉しい。共同作業って感じがしていい」(33歳)

【5位 部屋の掃除など、料理とは関係ない家事 48pt】
「気が付いてやってくれたら嬉しい」(29歳)
「互いに頑張って競う感じ」(34歳)
「料理には口を出してほしくないし、そばに居られても邪魔だから」(37歳)

手伝いはうれしいが「調理」には自分の段取りがあるという女性も多く、それ以外の部分で時間短縮につながるような行動は評価が高めだ。一方で、「洗い物が嫌いだから」(26歳)と苦手な部分を代わりにやってくれると嬉しいというストレートな意見も。

なお、「自分の家で彼氏に料理を作ってあげる時、その分の材料費などのコストは払ってほしいと思いますか?」という問いに対しては、

1位 お酒や食後のデザートなど、料理とは別のものを買ってほしい 33.5%
2位 お金が払われなくても全く気にならない 23.0%
3位 2人で食べるのだから、できれば材料費は半分払ってほしい 22.0%
4位 折半とまではいかないが、少しは払ってほしい 12.0%
5位 作ってあげるのだから、できれば材料費は全額払ってほしい 9.5%

と、8割弱の人が実際の材料費やプラスαのデザートなど、何かしらの形で負担してほしいと思っていることが判明。料理自体が好きという人もいるが、作るのには時間と労力がかかるもの。彼女の家で手料理をごちそうになる時は、いつもより少し豪華なお酒やデザートなどを買ってみては?

(吉田良雄)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/18(土) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。