ここから本文です

スキレットでそのまま食卓にも!チキンのハニーマスタード焼き

東京ウォーカー 6/18(土) 16:00配信

さわやかな特製漬けだれにチキンをもみこんだ「チキンのハニーマスタード焼き」。さっぱりと食べられるので、暑い季節におすすめだ。フライパンで蒸し焼きにするため柔らかく仕上がり、手間もかからない簡単料理。旬のアスパラガスやパプリカを使うので、彩りもいい。人気のスキレットで作ってそのまま食卓に出せば、人が来た日にも盛り上がる一品になる。

【写真を見る】漬けだれでチキンをしっかりもみこむことで、やわらかく仕上がる。漬けだれごと蒸し焼きに

【主菜】チキンのハニーマスタード焼き(1人分303lcal、塩分2.3g)

<材料・2人分>とり手羽元8本、グリーンアスパラガス5~6本、赤パプリカ1/2個、エリンギ3~4本、漬けだれ(おろしにんにく1/2片分、白ワイン1/4カップ、オリーブ油小さじ2、はちみつ、粒マスタード大さじ1、塩小さじ1/2)塩、こしょう

<作り方>(1)ボウルに漬けだれの材料を入れて混ぜ、手羽元を加えてよくもみ込み、約30分おく。(2)アスパラガスは下4~5cmは皮むき器で皮をむき、長さを3等分に切る。パプリカは縦1cm幅に切る。エリンギは四つ割りにし、長ければ半分に切る。(3)フライパンに油をひかずに手羽元の太いほうを外側にし、放射状に並べる。パプリカ、エリンギも同様に、すき間なく並べる。塩、こしょう各少々をふり、残った漬けだれを回しかける。(4)ふたをして中火にかけ、煮立ったら弱火にして約10分蒸し焼きにする。アスパラガスを加えて並べ、再びふたをしてさらに2~3分蒸し焼きにする。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/18(土) 16:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。