ここから本文です

【AKB総選挙】速報9位のSKE竹内彩姫は31位に

Smartザテレビジョン 6/18(土) 19:03配信

HARD OFF ECOスタジアム新潟で開票が行われている「AKB48 45thシングル 選抜総選挙~僕たちは誰について行けばいい?~」で、SKE48・竹内彩姫が31位(28282票)を獲得。アンダーガールズ入りを果たした。

【写真を見る】現在も会場では緊張感あふれる開票が続いている

竹内は6月1日の速報では、ランクイン経験のないメンバーの中で最高位となる9位で発表されており、注目を集めていた1人だった。

また、SKEでは柴田阿弥(今回は不参加)が’13年の第5回選抜総選挙において17位で初ランクインし、その後発売されたSKEのシングル「賛成カワイイ!」で初選抜入り。選抜メンバーに定着しているという前例がある。

SKEは20thシングル「金の愛、銀の愛」のリリースを8月17日(水)に予定している。その選抜メンバーはまだ発表されていないため、今回31位の竹内が初選抜となるのか、再び注目を集めそうだ。

最終更新:6/18(土) 19:03

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。