ここから本文です

【AKB総選挙】小嶋陽菜、にゃんにゃん仮面で選抜入りも、卒業を発表

Smartザテレビジョン 6/18(土) 19:56配信

6月18日にHARD OFF ECOスタジアム新潟で行われた「AKB48 45thシングル選抜総選挙~僕達は誰について行けばいい?~」開票イベントで、にゃんにゃん仮面が4万71票を獲得し、16位で選抜メンバー入りを果たした。

【写真を見る】グループ卒業を発表した小嶋陽菜

司会を務める徳光和夫の発表に、観客だけでなくメンバーも仰天。メンバーが口を覆い目を丸めていると、未来からタイムスリップして来たにゃんにゃん仮面を取り締まるためにやって来たという「わんわん警察」に扮(ふん)した大島優子が登場し、にゃんにゃん仮面と掛け合いを始めた。

そんな2人の掛け合いに、スタジオの高橋みなみは「なんだこの寸劇は…」と苦笑い。

会場を盛り上げた大島が降壇した後、にゃんにゃん仮面は「未来から来た私に投票してくださった皆さん、ありがとうございました」と感謝の言葉を述べ、仮面を取って「にゃんにゃん仮面は小嶋陽菜でしたー!」と正体を告白。

そして、「こんな形になりましたが、最後に出馬をしてAKB48のためになればと思って出馬しました」と選抜総選挙出馬の理由を明かし、「今朝、スポーツ新聞で報道されましたが、私、小嶋陽菜はAKB48を卒業します」とグループ卒業を発表。ファン並びにメンバーを驚かせた。

最終更新:6/18(土) 20:13

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。