ここから本文です

【AKB総選挙】柏木由紀 昨年2位から5位「総選挙に出るのを迷った」スピーチ全文

Smartザテレビジョン 6/18(土) 22:46配信

6月18日開票の「AKB48 45thシングル 選抜総選挙~僕たちは誰について行けばいい?~」で、AKB48(NGT48兼任)の柏木由紀が5位(9万2110票)を獲得。速報発表の6位からアップしたものの、昨年の2位(16万7183票)よりは順位を落とす結果となった。

【写真を見る】速報発表時は6位。パジャマ姿でその結果を見る柏木とまゆゆ

「応援してくださった皆さん、投票してくださった皆さん。本当にありがとうございました。ことしは速報が6位だったので今日を迎えるのがすごくドキドキしていたのですけども、一つ順位を上げて5位でホッとしているというのが正直なところです。皆さんのおかげで、今年もこうして笑顔でステージに立てたことをうれしく思います。総選挙も握手会やコンサートもやっぱりファンの方がいてくださるからこそ、できるものだなと今日改めて感じました。いつも応援してくださる皆さんが、これからも見ていて応援していて楽しいわくわくするような柏木由紀を目指して頑張りたいと思います。

今年は正直、総選挙出るのをどうしようかなとちょっと考えました。本当にいろんなことを考えて、出ないという選択肢もあるのかなと思っていました。そんな時にここ、新潟で総選挙が開催されることが決まりました。私はNGT48を兼任していて、ここ新潟の皆さんはこんなにダメで頼りない私のことを快く温かく迎え入れてくれました。そしてこんな私を頼ってくれる仲間がたくさんいました。そんな仲間と一緒にがんばりたい、ここ新潟に少しでも恩返しができたらと思って、今年の総選挙に出ようと決意しました。

私が兼任しているNGTのメンバーにとってはこの総選挙というのは今年初めてのことで不安でいっぱいだと思います。NGTのメンバーもこの総選挙不安だな、イヤだなと思っているメンバーもいたと思います。でも今まで8回、総選挙を経験して思ったことがあります。この総選挙には弱い自分を強くしてくれる魔法があるなと私は思います。必ず成長させてくれる魔法です。なので全国の皆さん、ファンの皆さん見ていてください。今日という日を終えてメンバーみんな、私ももちろん、もっともっと強くなると思います。

最後に、私は何か特別なことができる人間ではないですし、一人で何かを起こすことができる人間でもないなと思うのですけども、だけど、AKBがすごく大好きで、NGTのメンバーのこともすごく愛おしく思います。そしてこうしてAKBとして大好きなことに夢中になれている毎日を幸せに思います。目の前にある好きなことに夢中になれる素晴らしさを後輩にももっともっと知ってほしいなと思います。AKB48は総監督が横山由依ちゃんに代わって、今、まさに新しく変わろうとしています。今日の結果を受けても後輩と呼ぶにはもう十分なメンバーたちが私のことを超えていきました。それを見て安心するのではなく、まだまだ一緒に先陣を切ってAKBグループを支えていきたいなと思いました。なので、まだまだみんなで先を目指して頑張っていく、AKB、NGT、そしてAKBグループ、さらに柏木由紀のこともどうぞ応援よろしくお願いいたします。今日は本当にありがとうございました!」

徳光「去年2位。今回5位、これはショックではない?」

「本当にショックではないです。それだけAKBグループが大きくなってきて、頼れる後輩が増えた証だと思うので。でも譲るつもりもないので(笑)一緒に頑張らせていきたいなと思います」

最終更新:7/1(金) 14:06

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。