ここから本文です

ヤクルト西田、2年ぶりのお立ち台「岸さんから打てたことを自信にしたい」

ベースボールチャンネル 6/18(土) 1:20配信

突然の交代で結果を出す

 序盤から着実に加点したヤクルトが5-1で西武を下した。

 試合を決めたのは、主砲・山田哲人と同期入団・西田明央だった。
 4回裏、1死走者なしでチェンジアップを強振し、左翼スタンドへ運んだ。

「宮出コーチから『ストレートに差し込まれているから、始動を早めにしていけ』と言われて、そうしていた。追い込まれていたんで、ストレートを意識しながらくらいついていこうと思った結果が、ホームランになりました」と西田は話している。

 出番は突然やってきた。
 2回表、2死から炭谷が打ち上げた飛球を巡って、三塁手の川端慎吾と一塁手の今浪隆博が交錯。ボールをつかんだ今浪がタンカに乗って運ばれたのである。そして、直後の2回裏、打席に送り込まれたのが、西田だった。

「1打席目は全然でしたね。どんな感じかもわからんかった」と見逃し三振。その後の打席で、結果を残したというわけである。3打席目にも、二死から中前安打を放ち、続く中村の適時二塁打で生還。途中出場ながらチームの勝利に大きく貢献する余りある活躍である。

 それも復帰戦とはいえ、エースの岸から打ったのだから、価値が大きい。

「バッティングを買って使ってくれたと思う。そのバッティングで結果を残せたのは自信になります。これからセリーグとの対戦に戻ってもエース級と対戦することもあるんで、岸さんから打てたことを自信にして、次も打てるように頑張りたい」

 7回裏、チームの主砲・山田哲人が貴重な追加点となる2点本塁打を放った。
 そのため、お立ち台は、この日、好投の山中と3人でのぼった。

「お立ち台は2年ぶりっすけど、ああやって同期と一緒に立てるのは嬉しい」


氏原英明

2

本文


氏原英明

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:6/18(土) 1:20

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。