ここから本文です

【EURO2016全選手採点&寸評】イタリア 1-0 スウェーデン

SOCCER DIGEST Web 6/18(土) 2:24配信

攻撃は単調で内容も良くなかったが、守備の堅さは相変わらず

【イタリア|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 5.5
4-4-2で統制された、2枚の守備ラインを作って守るスウェーデンに手を焼く。前線の柱ペッレが抑えられて縦パスが入らず、攻撃は単調に。サイドも高い位置を保てずに相手守備陣を崩せなかったが、ワンチャンスを決めるところはさすがだった。

監督 アントニオ・コンテ 5.5
前半からサイドに開けと指示を続けるも、効果的な攻撃が展開できず、内容は決して良くなかった。しかし、エデルを交代させずに最後まで起用し続けた判断などは、評価材料にしたい。

【イタリア|選手採点&寸評】
GK
1 ジャンルイジ・ブッフォン 6
特にピンチもなく、90分間を通して無難に仕事をこなした。

DF
15 アンドレア・バルザーリ 6
ボヌッチとの連係は完成されており、相手の2トップをエリア付近に寄せ付けず、与えられた仕事は完璧にこなした。

19 レオナルド・ボヌッチ 6.5
28分、セットプレーの場面でイブラヒモビッチに最後まで身体を寄せ、繋ぎでも縦パスを狙うなど、初戦に続いて好プレーを披露。

3 ジョルジョ・キエッリーニ 6.5
セットプレーでイブラヒモビッチのマークを務めたが、フィジカルで負けず、グイデッティの動きもしっかりとケアした。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

停滞し続けた攻撃だが、エデルがワンチャンスをモノにした!

MF
16 ダニエレ・デ・ロッシ 5.5(74分OUT)
前半はダイレクトの縦パスを前方に入れるなど、攻撃の意思が見られたが、その後はチームとともに停滞した。

6 アントニオ・カンドレーバ 5.5
フォシュベリをカバーする意識が強く、5バック気味に。攻撃面で持ち味の推進力が見られなかった。

18 マルコ・パローロ 5
81分の決定的なヘディングシュートはバーを叩く。縦パスが出せず、運動量もない……。中途半端なバランサーに終始した。

23 エマヌエレ・ジャッケリーニ 6
停滞する攻撃を打破しようと、積極的に縦へのフリーランを見せ、中盤にアクセントをつけた。

8 アレッサンドロ・フロレンツィ 5.5(85分OUT)
相手のサイドハーフに突破を許さず、守備面では十分にタスクをクリア。攻撃では機を見て上がるも、インパクトは残せなかった。

FW
9 グラツィアーノ・ペッレ 5(60分OUT)
フィジカルバトルで、グランクビストに完敗。ベルギー戦とは違ってボールが収まらず、イタリアの攻撃が機能不全となる要因になった。

☆MAN OF THE MATCH
17 エデル 6.5
彼の一発が呼んだ勝点3! ワンチャンスをモノにしたドリブルからのシュートは、スピード、コースともに完璧だった。前線で走り回り、相手にプレッシャーをかける献身性も。

交代出場
FW
7 シモーネ・ザザ 5.5(60分IN)
ダイレクトの落としなど、状況を打破しようとアイデアは見せた。

MF
10 チアゴ・モッタ 5.5(74分IN)
レジスタのポジションで、終了間際にカンドレーバに好パスを通すなど、クローザーとして仕事を果たした。

MF
14 ステーファノ・ストゥラーロ ―(85分IN)
終了間際の登場で、特に目立ったプレーはなし。

※MAN OF THE MATCH=この試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

文:豊福 晋

1/2ページ

最終更新:6/18(土) 2:24

SOCCER DIGEST Web