ここから本文です

復活のカテナチオ 伊サッカー専門サイトがイブラ封殺のキーマンにチーム最高点

Football ZONE web 6/18(土) 4:10配信

たたえるべき真の戦士

 イタリア代表は17日、欧州選手権(EURO)2戦目のスウェーデン戦で、試合終了間際にFWエデル(インテル)の決勝ゴールで1-0の勝利を収めた。イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」は、イタリア代表の採点を公開し、DFジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)にチーム最高点を与えている。

【PHOTOギャラリー】EURO2016を彩る欧州の美女サポーターたち

 イタリアから見たゲームの焦点は、いかにしてスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(パリ・サンジェルマン)を封殺するかという点にあった。そのカリスマFWと何度となくマッチアップし、セットプレーでのマーカーに指名されたのがキエッリーニだった。

「7点。セットプレーでのイブラヒモビッチは彼に責任が与えられた。そのフィジカル的な戦いはたたえられるべきものだ。スペースもうまく埋め、真の戦士と呼ぶにふさわしい」

 GKにジャンルイジ・ブッフォン、3バックにもDFアンドレア・バルザーリ、DFレオナルド・ボヌッチとキエッリーニが並び“イタリア版BBC”ともいわれるユベントスの守備ブロックをそのまま移植したイタリア守備陣は、このゲームでも堅固な守備を誇った。

 初戦のベルギー戦ではボヌッチが先制ゴールをアシストして脚光を浴びたが、このゲームではキエッリーニのハードマークが勝利に貢献したと称賛されている。

 また、決勝ゴールのエデルには「6.5」点が与えられ、「フィールド上でポジションを探してトロット(馬の速足)してばかりいたが、後半43分についに決定的な場所を見つけてゴールを決め、われわれを決勝トーナメントに導いた」と、試合全体を見れば迷いの多いプレーだったと指摘されたものの、ゴールは貴重だったと評価されている。

 一方で、2トップのパートナーであるFWグラツィアーノ・ペッレ(サウサンプトン)、MFエマヌエレ・ジャッケリーニ(ボローニャ)といった初戦のベルギー戦でゴールを決めた2人は酷評された。「5」点とされたジャッケリーニは「この日はいつもの“ジャッケリーニョ”ではなく、“ジャッケリーNO”だった」と、ブラジル人のようなテクニックがあるという意味の愛称をもじって厳しい評価を与えられた。

1/2ページ

最終更新:6/18(土) 4:10

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。