ここから本文です

桑田佳祐、『Mステ』で作詞について語る「人様の歌詞って見たことなかった。でも……」

リアルサウンド 6/18(土) 11:00配信

 『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の6月17日放送回に、アリアナ・グランデ、AKB48、関ジャニ∞、岸谷香、桑田佳祐、コブクロ、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、藤原さくらが出演した。

 2時間スペシャルの1番手を飾ったAKB48は、『AKB48 45thシングル選抜総選挙』前日の出演で「翼はいらない」と「恋するフォーチュンクッキー」を披露。2番手の藤原さくらは、同郷出身のタモリと地元トークを繰り広げたのち、主演を務めたドラマ『ラヴソング』の主題歌である新曲「Soup」を歌い上げた。

 3番手には、番組から「日本好き」として紹介されたアリアナ・グランデが登場した。アリアナは日本語を練習していることを述べ、出演者とトークを繰り広げたのち、最新アルバムより「Into You」を熱唱すると、4番手の関ジャニ∞は、グループにとって初の夏ソングだという新曲「罪と夏」を演奏。5番手の岸谷香は、プリンセス プリンセス時代のヒット曲「M」と、和田唱(TRICERATOPS)と共同制作した新曲「ミラーボール」を歌い上げた。

 6番手のコブクロは、大勢のバックコーラスを背にし、ドラマ『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系)の主題歌である新曲「STAGE」を熱唱。7番手の三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEは、新曲「MUGEN ROAD」について、登坂広臣が「三代目の中でも一番男臭い曲」と語ると、振り付けを担当したELLYは「ダンスも男らしくシンプルに、カッコいいものを求めました」とコメントし、同曲を歌い踊った。

 今回の番組では、スペシャル企画として「世代を超えるカッコイイ歌謡曲」コーナーで名曲たちを紹介。2位にサザンオールスターズの「いとしのエリー」が、1位に沢田研二の「勝手にしやがれ」が選出されると、指原莉乃は「(サザンオールスターズ)の『勝手にシンドバッド』なんですけど、沢田研二さんの『勝手にしやがれ』から拝借したと聞きました」と疑問をぶつけ、桑田は「『勝手にしやがれ』もそうだけど、ピンク・レディーの『渚のシンドバッド』が流行ってたんですよね。でも、それは『8時だョ!全員集合』で志村けんさんがアドリブとして言ってたネタなんです」と返答。スタジオの面々を驚かせた。

 続けて三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの登坂が「ずっと楽曲を作ってらっしゃいますが、昔と今で作り方は変化しましたか?」と質問すると、桑田は「洋楽も歌謡曲も好きだけど、人様の歌詞って見たことなかった。でも、デビューして2~3年でファンの方から『あの詞が良かった、悪かった』と言われたので『歌詞ってこんなに世間から聴かれているのか』とビックリして、気を付けて書くようになった」と自身の変化について述べ、新曲「大河の一滴」と「ヨシ子さん」をメドレー形式で披露し、番組が終了した。

 ほかにも「世代を超えるカッコイイ歌謡曲」として、数々の楽曲が紹介された今回の放送。次回6月24日はKis-My-Ft2、桑田佳祐、GENERATIONS、平井 堅、地獄図、布袋寅泰が出演予定だ。

向原康太

最終更新:6/18(土) 11:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。