ここから本文です

イブラを完封した“カテナチオ”イタリア。死の組突破に導いた闘将コンテの「勝利のDNA」

フットボールチャンネル 6/18(土) 10:01配信

前評判が振るわなかったイタリア代表だが、蓋を開けてみればベルギーとスウェーデンという強敵を下して死のグループを最短距離で突破を決めた。イタリアに勝負強さが蘇った裏には、アントニオ・コンテ監督による「勝利のDNA」の注入があった。(文:Keiske Horie)

【EURO2016 最新の順位表】

誰も予想しなかった最短距離でのGS突破

 EURO2016の開催前、誰がアッズーリ(イタリア代表)が死の組を2試合で突破すると予想しただろうか。それほどまでにイタリアの戦前予想はネガティブなものに限られていた。

 クラウディオ・マルキージオ、マルコ・ヴェッラッティ、リッカルド・モントリーボといった数多くの負傷者を抱え、アンドレア・ピルロ、アントニオ・ディ・ナターレといった前大会を戦った功労者たちは年齢的な問題によって招集メンバーには入らなかった。2012年大会の主役だったマリオ・バロテッリは伸び悩み、前線は歴史的に見てもタレント不在と叫ばれていた。

 それでも蓋を開けてみればグループEの大本命ベルギー相手に2-0と快勝。そして、苦しみながらもスウェーデン相手に1-0と競り勝ち“最短距離”で死のグループ突破を決めている。ある意味でイタリア代表はここまでEUROで最も驚きを与えているチームといっても過言ではないプレーをみせているのだ。

スウェーデンの伝説を“完封”したイタリア

 イタリアの強さを支えているのが「カテナチオが復活した」とも称賛される堅守だ。カテナチオは元来“鍵をかける”という意味を持つリベロシステムを指す言葉だが、現代となってはイタリア伝統の堅守の総称として謳われている。

 ベルギー戦に続きアントニオ・コンテ監督得意の3-5-2の布陣で挑んだイタリアは、ゾーンとマンマークを併用する巧みな守備組織によってスウェーデンの伝説ズラタン・イブラヒモビッチを封じ込めることに成功した。同選手は前線に張るだけではなく下がって組み立てにも参加することができ、イレギュラーなポジション取りを取ることで相手守備陣を混乱に陥れる。

 しかし、イタリアはイブラヒモビッチが下がった際にはDFジョルジョ・キエッリーニが中盤までしっかりとマークをキープすることで、常に自由を与えないことに成功した。キエッリーニが上がることで守備陣の人数が一人減るが、3バックであることから数的優位は確保できる。

 さらにイタリア代表は通常の3バックシステムとは異なり、3センターハーフのインサイドハーフがサイドバックにプレスをかけるルールを共有している。これによって、相手サイドバックに高い位置からプレスをかけることで守備ラインが下がるのを防ぎ、またサイドバックが釣り出されて裏のスペースを使われることも防いでいる。

 インサイドハーフがプレスのために上がった際には2トップの一角がインサイドハーフのポジションまでカバーに走ることもいとわないため、ディフェンスとミッドフィルダーの2ラインには一瞬足りともスペースを与えない連動性を持っている。

 初戦のベルギー戦では終盤戦に相手ボールの時間が増えたものの、連動した守備陣がブロック内にボールを入れさせないことに成功している。この様子がピッチ上空からの撮影したカメラに映しだされ、ファンからは「もはや芸術的な守備」と大きな話題を呼んでいた。

 この日のイタリアもイブラヒモビッチが自由を与えたのは、たった一度だけだった。左サイドからのクロスが流れ、フリーでシュートを放つも至近距離で枠を捉えることができなかった。しかし、このチャンスもイブラヒモビッチはオフサイドポジションであったため、実質的には一度も決定機を与えていない。

1/2ページ

最終更新:6/18(土) 10:33

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。