ここから本文です

「今歴史を作っている」壮絶PK戦制し、コロンビア12年ぶりのコパ4強進出にハメスが歓喜の号泣

Football ZONE web 6/18(土) 14:31配信

レアルで放出危機の崖っぷち 復権にかける思い

 コロンビア代表はコパ・アメリカ・センテナリオ(南米選手権)準々決勝ペルー戦でスコアレスのまま突入したPK戦の死闘を制して準決勝進出を果たした。キャプテンを務めるMFハメス・ロドリゲス(レアル・マドリード)は勝利の瞬間、人目をはばからず号泣した。

【写真記事】元祖“神の手”マラドーナ 後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

 前半20分にはカルドナの落としを受けたハメスがドリブルで持ち運び、効き足ではない右足で思い切ってミドルシュートを放つ。このシュートは鋭い弾道で相手GKの手を通り越したものの、ポストに直撃して先制ゴールとはならなかった。その後もナンバー10のエースはコロンビアの攻撃を活性化させようと奮闘したが、90分間をスコアレスで終え、PK戦へともつれこんだ。

 ハメスは重圧のかかる最初のキッカーを任され、会場のファンは固唾を飲んで見守ったが、しっかりとゴール右隅へ成功。この勢いに乗ってコロンビアは4人全員が成功させた。ペルーが3人目と4人目が立て続けに失敗したことで、12年ぶりとなる準決勝進出を果たした。

 死闘を勝ち上がったコロンビアイレブンが歓喜に沸く中でハメスは目を潤ませ、ホセ・ペケルマン監督と熱い抱擁を繰り返した。感情を爆発させたハメスは、コロンビアのテレビ局「カラコルTV」のインタビューに応じた。

溢れる涙に「落ち着く必要がある」と言い聞かせる

「準決勝進出は特別な気分だ。僕たちは今歴史を作っているんだ。でも水曜日に待つ次の戦いに向けて、僕らは落ち着く必要があるんだ」

 キャプテンとしての立場を忘れず、次戦に向けて視線を切り替えた。今季レアルでUEFAチャンピオンズリーグ制覇を経験したものの、決勝アトレチコ・マドリード戦では120分間ベンチを温め続けた。トレーニング中の素行不良、警察官とのカーチェイスなどの醜聞で評価を落とした。今年から就任したジネディーヌ・ジダン監督からの信頼を失い、スペイン地元紙は指揮官がクラブ側にハメス放出を要求したともレポートされている。レアルでのキャリアが崖っぷちな状況で迎えた今大会に懸ける思いは人一倍強い。

 ハメスは南米選手権を制することで、復権の第一歩を踏み出せるだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/18(土) 14:33

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。