ここから本文です

“カテナチオ”完全復活! イタリア、EURO史上初の2試合被枠内シュートゼロ達成

フットボールチャンネル 6/18(土) 15:00配信

 イタリア代表は、EURO史上初めて2試合連続で一度も枠内シュートを受けないチームとなった。17日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

【EURO2016 最新の順位表】

 イタリアの守備は昔から堅守で有名だ。しかし、その守備が堅い戦術である“カテナチオ”をさらに上回る最高傑作が完成したようである。最早対戦相手は枠内シュートでさえ打てなくなっている。

 スター選手が少なくなり、絶対的エースも存在せず、主力も怪我で失われたイタリア代表で唯一確信できるものが守備である。守護神のGKジャンルイジ・ブッフォンと守備のBBC(アンドレア・バルザーリ、レオナルド・ボヌッチ、ジョルジョ・キエッリーニ)で構成されるユベントスの守備陣は、その名の通り鉄壁だ。EURO史上初の被枠内シュート数ゼロに加え、現在親善試合も含めた4試合で無失点に抑えている。

 その鉄壁は、つい先日までFIFAランキング1位に輝いた豪華なタレント揃いのベルギーでも、スウェーデン代表の絶対的エースであるFWズラタン・イブラヒモビッチでも崩せない。むしろ、それらの代表チームでさえ一度も枠内シュートが打てないことが鉄壁さを際立たせる結果となった。

 ブッフォンとBBCは、今季のセリエAで973分間も連続無失点に抑え、リーグ新記録を樹立した4名だ。所属するユベントスでは中盤が熱心に彼らをサポートしているが、代表チームではMFダニエレ・デ・ロッシが、彼が得意とする戦術組織役をしっかりと務め、守備に多大な貢献をしている。

 史上最高傑作のカテナチオで挑むイタリア代表。彼らが崩される時にはその相手も彼らに匹敵するほどの最高のチームであるはずだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/18(土) 18:05

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。