ここから本文です

ルーニーも「素晴らしい物語」と絶賛 神童が18歳228日でイングランド史上最年少EUROデビュー

Football ZONE web 6/18(土) 18:41配信

ウェールズ戦後半から出場のラッシュフォード デビュー戦を逆転勝利で飾る

 イングランドの将来を背負って立つ18歳の神童FWが、「英国対決」でルーニー超えを果たした。FWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)が、16日に行われた欧州選手権(EURO)ウェールズ戦の後半に途中出場し、イングランド代表史上最年少となる18歳228日でのEURO初出場を勝利で飾った。

【PHOTOギャラリー】EURO2016を彩る欧州の美女サポーターたち

 ランスでのダービーマッチはキックオフ直後からイングランドが押す展開だったが、前半42分にウェールズのFWギャレス・ベイル(レアル・マドリード)の衝撃的な無回転ブレ球FKが決まる。イングランドは1点ビハインドでハーフタイムを迎えた。

 初戦ドロー発進のため勝利が欲しいイングランドは、ロイ・ホジソン監督が早めに手を打つ。後半開始からFWジェイミー・ヴァーディ(レスター)、FWダニエル・スターリッジ(リバプール)を2枚代えで投入。同11分にはヴァーディが同点弾をゲットし、押せ押せムードとなった。

 その状況で投入されたのが、秘密兵器ラッシュフォードだった。同27分、3枚目のカードとしてMFラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)と代わってピッチに登場。18歳と228日で迎えたEURO初陣は、“スリーライオンズ”史上に残る最年少出場となった。左サイドに入ったラッシュフォードはボールに触る場面こそ少なかったが、イングランドはアディショナルタイムにスターリッジが決勝点をねじ込んで、注目の英国対決を制した。

最年少記録の前保持者である主将も称賛

 EUROデビューを白星で飾った神童だが、かつての最年少記録は現在イングランド代表で10番を背負うFWウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド)が保持していた。スペイン紙「マルカ」によると、ルーニーは「アイツのために本当に嬉しく思うよ。素晴らしい物語で、俺たちは彼のことをとても喜ばしく思うんだ」と自身の記録を塗り替えたことを称賛した。

 5月のイングランド代表でのデビュー戦では、わずか3分間で初ゴールを決めたラッシュフォードは、英国対決での勝利により早くも“持っている男”の片鱗を見せつつある。果たして、次戦スロバキア戦では衝撃のEURO初ゴールを決めることができるだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/18(土) 18:41

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。