ここから本文です

英紙がC・ロナウドを「最悪FKキッカー」に認定 W杯やEUROで34回蹴って無得点

Football ZONE web 6/18(土) 19:37配信

アイスランド戦の終了間際には“壁当てFK2連発” ドロー発進の一因に…

 ポルトガル代表の絶対的エースFWクリスティアーノ・ロナウドが、「最悪FKキッカー」の烙印を押された。代表戦での国際主要大会で34回ものチャンスがありながらノーゴールに終わっていると、英紙「サン」が報じている。

英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 優勝候補の一角として臨んだ欧州選手権(EURO)の初戦、現地時間14日のアイスランド戦でロナウドはシュート10本を放ちながらも無得点に終わり、チームのドロー発進を招いてしまった。特に槍玉に挙げられたのは、後半終了間際の“壁当てFK2連発”だった。後半アディショナルタイム3分過ぎ、ゴールから33メートルのFKを得たロナウドだったが、思い切り壁にぶつけた。

 ただ、これはアイスランドの選手のハンドを誘ったため、約24メートルの位置で再びチャンスを得たが、またしてもミスキックで壁に当てた。その瞬間、試合終了のホイッスルが鳴るという締まらない結末となった。

 このミスショットを受けて、同紙はデータ会社「オプタ」のあるデータを紹介している。それはワールドカップやEUROといった主要国際大会での、FKシュート数とゴール数だ。ここでは名手として知られながら、代表の大舞台で決められなかった選手が紹介されており、シニシャ・ミハイロビッチ氏やジネディーヌ・ジダン氏ら豪華メンバーが名を連ねるなかで、ロナウドは34回もFKを蹴りながらノーゴール。うち13回は壁に当てており、枠内に飛んだシュートの数はわずか8回しかないとのことで、その精度の低さは群を抜いていると酷評されている。

同僚のベイルは史上3人目のFK2発の快挙

 奇しくもレアルでチームメートのウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、16日のイングランド戦で30メートルのブレ球FK弾を叩き込み、初戦のスロバキア戦に続いて2試合連続でFKからゴールをマークした。史上3人目となる「1大会FK2得点」の快挙をマークした同僚の正確無比な一撃を、CR7はどんな気持ちで見つめていたのだろうか。

 以下は、同紙が掲載した“代表戦で決められない名FKキッカー”の顔ぶれだ。

クリスティアーノ・ロナウド(34回/0ゴール)
ゲオルゲ・ハジ(27回/0ゴール)
ミシェル・プラティニ(25回/2ゴール)
ロナルド・クーマン(22回/0ゴール)
ジネディーヌ・ジダン(21回/2ゴール)
ウェズレイ・スナイデル(18回/0ゴール)
フランチェスコ・トッティ(18回/0ゴール)
フリスト・ストイチコフ(17回/2ゴール)
フェルナンド・イエロ(17回/1ゴール)
シニシャ・ミハイロビッチ(16回/1ゴール)

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/18(土) 19:37

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。