ここから本文です

レスターがミラン新鋭アタッカー獲得に再挑戦? プレミア勢同士で争奪戦か

Football ZONE web 6/18(土) 21:20配信

1月に獲得に乗り出したニアングへ再オファー準備と、英紙報じる

 プレミアリーグ王者のレスターは、今冬の移籍市場で獲得に失敗していたACミランのフランス人FWエムベイェ・ニアングに対し、正式オファーを準備。エバートンやウェストハムといったプレミア中堅クラブとの争奪戦に参戦する意向のようだ。英紙「ガーディアン」が報じている。
 
 今年1月、レスターのクラウディオ・ラニエリ監督はアタッカー陣強化のため、ニアングに白羽の矢を立てた。移籍金1600万ユーロ(約19億円)で獲得を打診したが、この時はミランに断られていた。しかし、中国企業グループへ株式70%を売却する準備を進めているミラン側は、今夏の移籍については認める考えのようだ。本人もプレミアでのプレーを熱望しており、レスターの他には今季11位に終わったエバートンや7位だったウェストハムもターゲットに定めているという。

イブラ本命はミラン!? 伊紙が大物FW10人の去就を大胆予測

 奇跡のリーグ初優勝を果たしたレスターだが、UEFAチャンピオンズリーグに臨む新シーズンに向けて補強は急務だ。特に前線は24得点を挙げたイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディと、17得点のアルジェリア代表MFリヤド・マフレズにアーセナル移籍が浮上。彼らが残留したとしても、レギュラークラスのFWは日本代表FW岡崎慎司とアルゼンチン人FWレオナルド・ウジョアのみと、選手層には大きな不安を抱えている。

カンテの後釜候補の獲得にも近づく

 CSKAモスクワのナイジェリア代表FWアーメド・ムサら候補の名前は次々と上がっているものの、現在までに交渉に進展は見られていない。まずは、今季のセリエAで5得点を挙げたスピードスターの補強に注力することになりそうだ。

 中盤ではこちらも引き抜きの噂が絶えないフランス代表MFエンゴロ・カンテの後釜候補として、仏1部ニースからフランス人MFナンパリス・メンディの獲得が目前となっている。リーグタイトルを獲得し、プレミアの高騰するTV放映権料の分配金により豊富な資金力を持つレスターだが、エース級の選手の穴埋めにスター選手を引き抜くほどの求心力は有していない。2014年ブラジル・ワールドカップ優勝メンバーのドイツ代表GKロン=ロベルト・ツィーラーを350万ユーロ(約4億1000万円)で獲得するなど、今季も堅実な補強で来季に向けた準備を進めている。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/18(土) 21:20

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革