ここから本文です

元アップルジャパン社長が明かす「トップを走り続ける」秘策

Forbes JAPAN 6/18(土) 15:00配信

「なりたい自分」をデザインする

IBM、オラクル、アップルなど外資系企業の責任者として活躍後、現在は自社でリーダー育成と英語教育に心血を注ぐ山元賢治氏。トップをひた走る秘訣を聞いた。



-外資系のトップとして長くご活躍された山元さんにとって、リーダーになる人の素養とはなんですか。

情熱を注いで仕事ができるかどうかです。僕はアップル時代もいまも、毎朝遅くても6時までには出社して雑務を片付けてから仕事をしていました。夜は19時にはオフィスを出ていましたが24時間臨戦体制でした。だいたい日本はエネルギー資源のない国なんだから、日の出とともに起きて仕事すべき。講演会でもよく言うんですが、スティーブ・ジョブズが9時5時に感じますか?(笑)グローバルに活躍する人は、情熱を持って、目標に向かって、仕事する。だから人もついてくるし、結果として成功するんです。

もうひとつ重要なのが、即断即決できるかどうか。IBMに在籍していたころ、20代でマネージャーへの昇進話が持ち上がりました。まだ技術者として活躍したかった僕にIBM本社から来た要人が言ったのが、Make a decision in a second.。いまでもこの言葉が、僕の仕事の基本です。

-山元さんは常に未来の自分を想像して行動されていますよね。神戸大学工学部システム工学科に入学したのも、IBMに入社できる学部を探して決めたのだとか。

僕だけじゃない、昔の日本人は貧しかったから、どんな大人になろうか早いうちから考えていたんですよ。コンピュータがいいと思ったのは、私は物理が大好きだったから。記録力と計算力に優れているコンピュータと人間が共存する世界をつくりたかった。大学を卒業するときに担当教諭から「日本企業を救え」と言われたんですが、「先生、私はIBMに入社するために、この大学に来たんです」と生意気なことを申しまして(笑)。でもその先生がいちばん長いこと手紙をくれましたね。

-早くから50歳で引退を考えていたそうですね。しかも「平成の坂本龍馬を育成したい」と、いまの会社を設立された。

30年がむしゃらに働いて、家のことや子育てをすべて女房に任せっぱなしだったので、まずは女房孝行したかった。それで50歳を機にアップルを退社して、毎週のように女房と旅行やゴルフ、映画に行きました。でも1年半経ったころに「そろそろ仕事しようかな」と言ったら、「どうぞ!」と(笑)。

50歳で引退を考えていたというと、「早期リタリアで悠々自適な生活」をイメージされるかもしれませんが、そうではなく、限られた命をどう使うか、自分の人生をデザインするってことなんです。いまは自分の貴重な経験をもとに、ビジネスで成功を収めたい、世界に羽ばたきたいという社会人や学生を育成するための「山元塾」を開いています。リーダー育成のための山元塾や英語塾を開催したり、全国で講演会を開催しています。

-塾生にいちばん教えたいことは?

「なりたい自分」をデザインすること。その実現のために時間を有効に使うこと。たとえば1日1時間、他人より深く考える時間やテーマを持っている人は、10年で3,000時間以上差が出る。あとは「なりたい自分になるために、何をやめるか」を考えることも大切です。考えなしの悪習慣を改善するだけでも夢に近づくものなんですよ。

やまもと・けんじ◎1959年、大阪府 生まれ。神戸大学卒業後、日本IBMに入社。EMCジャパン副社長、日本オラクル取締役専務執行役員を経て、2004年、アップル・ジャパン社長兼米国アップルバイスプレジデントに。12年、コミュニカ設立。

Forbes JAPAN 編集部

最終更新:6/18(土) 15:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。