ここから本文です

アウクスブルク移籍がほぼ確実な宇佐美。新天地のライバルはあの韓国代表MF?

SOCCER DIGEST Web 6/18(土) 12:00配信

求められるのはかつてのアルティントップのように――。

 宇佐美貴史のアウクスブルク移籍が現実味を帯びている。ガンバ大阪のもとにはすでに4年契約の正式オファーが届き、本人もクラブも大筋でこれに合意。近日中にも移籍が正式発表される見通しだ。

【PHOTOセレクション】台頭する「プラチナ世代」。A代表デビュー前の注目プレーヤー15人

 宇佐美の加入が実現すれば、アウクスブルクにとっては11~12年に在籍した細貝萌以来、2人目の日本人選手となる。現チームにはク・ジャチョルやホン・ジョンホなど韓国代表の選手も所属し、アジアのマーケットを見据えたオペレーションとの見方もある。

 アウクスブルクはクラブ史上初のブンデスリーガ昇格を果たした11-12シーズン以来、限られた戦力をやりくりしながらしぶとく1部に生き残ってきたスモールクラブだ。12位に終わった15-16シーズンをもってこれまでの躍進を支えてきたマルクス・ヴァインツィール監督が退任し、16-17シーズンからは前ダルムシュタット監督のディルク・シュスターが指揮を執る。

 シュスター新監督はカウンターを志向する堅実派で、アウクスブルクでも同様のスタイルを貫くだろう。気掛かりなのが、そのサッカーに宇佐美がフィットするかどうか。攻撃はもちろん守備のタスクもしっかりこなすことが、二度目のブンデス挑戦を成功させる第一条件となる。

 システムはおそらく4-2-3-1で、宇佐美の主戦場はトップ下になるだろう。このポジションはハリル・アルティントップが君臨していたが、ここ数年は加齢による衰えが否めず、昨シーズンの終盤はク・ジャチョルに定位置を譲った。この韓国代表MFが、宇佐美にとって最大のライバルとなるだろう。昨シーズンはチーム最多の8ゴールを挙げており、手強い相手なのは間違いない。

 求められるのは、かつてのアルティントップのように攻撃に変化をつける役割だ。自慢のテクニックやパスセンスを発揮できれば、おのずとレギュラー獲りも見えてくるだろう。

 もちろん、左ウイングで起用される可能性もあるだろう。ただ、アウクスブルクはSBのオーバーラップなど後方支援に乏しく、サイド攻撃はほぼアタッカーの打開力に頼っているのが現状だ。そうした状況はシュスター体制下でも大きく変わらないはずで、鋭いカットインからのシュートやラストパスといった武器を活かせるかは疑問が残る。サポートの意識が高いガンバ大阪や日本代表と同じ感覚でプレーしているようだと、苦戦を強いられるかもしれない。

 いずれにせよ、定位置が確約されていないのはたしか。日本が誇る天才アタッカーは、はたして実力でその真価を証明できるか。

最終更新:6/18(土) 12:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。