ここから本文です

【EURO展望】アイスランド×ハンガリー|ハンガリーの連勝は難しい⁉ 攻守で憂いのないアイスランドが初勝利か

SOCCER DIGEST Web 6/18(土) 11:00配信

ハンガリーは勢いこそあれ、小さくない不安を抱えている。

EURO2016
グループF2節
6月18日(土)/18:00(日本時間25:00)/マルセイユ
アイスランド×ハンガリー
主審:セルゲイ・カラセフ(ロシア)
 
【注目ポイント】
●アイスランドの分厚いアタック
●サイドの攻防戦でどちらが優位に立つか
 
【試合展望】
 ともに堅守速攻を武器とするアイスランドとハンガリーの一戦。そのクオリティーがより高いアイスランドに分があるか。
 
 CBのR・シグルドソンを軸とするディフェンスは統制がとれており、中盤の選手も果敢に前線に顔を出す分厚いアタックは迫力満点。実際に初戦のポルトガル戦では1点こそ奪われたものの激しい守備で終始相手を苦しめ、50分には司令塔G・シグルドソンを起点に右サイドへ展開し、逆サイドのB・ビャルナソンがペナルティーエリア内に飛び込んで同点ゴールを奪った。
 
 その“十八番”に加えて、一気にチャンスを作り出す主将グンナールソンの超ロングスローや、グドムンソンの強烈なミドルという武器もある。攻守両面で大きな憂いはない。
 
 対するハンガリーはオーストリアを下して勢いこそあれ、小さくない不安を抱えている。その初戦で足首を痛めた不動の右SBフィオラの欠場が濃厚なのだ。
 
 代わりに出場しそうなのが、22歳のベセ。ここまで代表1キャップと経験不足が否めず、対峙するB・ビャルナソンを抑えられるかは未知数だ。
 
 その意味で鍵になるのは、アンカーのナジや右CBグズミチュのカバーリングだろう。常に数的優位の状況を作り、サイドの攻防戦で優位に立ちたいところだ。
 
 そしてオーストリア戦のように、しっかりとチャンスをモノにできるかどうかも鍵。CFサライの2試合連続ゴールに期待が懸かる。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

【EURO2016選手名鑑Web版】総勢552人の写真、データ、寸評を完全網羅!

 

 

 

最終更新:6/18(土) 11:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ