ここから本文です

【浦和】惨敗でステージ優勝消滅。怒るサポーターから水を浴びせられる

SOCCER DIGEST Web 6/18(土) 21:31配信

バックパスを佐藤寿人に奪われ、痛恨の4点目を与えた柏木。「謝って済む問題ではない…」。

[J1・1stステージ16節]サンフレッチェ広島4-2浦和レッズ
6月18日/エディオンスタジアム広島

PHOTO【広島4-2浦和】広島の塩谷、佐藤寿人のゴールで劇的大逆転!!


 浦和が広島に逆転負けを喫して、第1ステージ優勝が消滅した。首位に立った鹿島と勝点9差が開き、浦和が残り全勝(2試合)しても逆転できないため。

 この日の浦和は関根貴大と宇賀神友弥の両ウイングバックに待望の今季リーグ初ゴールが生まれ、一時2-1と逆転に成功する。しかし、その後、守備が崩壊して、塩谷司に2点、佐藤寿人にトドメの一撃を叩き込まれた。結局2-4で惨敗。4位の大宮に勝点1差に迫られた。

 試合後、ゴール裏であいさつをした選手たちに対し、不甲斐ない内容に怒ったサポーターからは水も飛んできた。選手がサポーターに詰め寄り緊張が走ったものの、那須大亮らが止めに入った。

 バックパスを佐藤に奪われ4点目を与えてしまった柏木は、「こうしたミスは初めて。謝って済む問題ではないと受け止めている。言葉にはできない。プレーで取り戻すしかない」と語った。
 
 浦和は3日前のG大阪戦から地元に戻らず、そのまま遠征し、この広島戦に臨んだ。しかし、チームに修正する力がなく3連敗。リーグ戦は5月8日の大宮戦以来、5試合勝ち星がない。

 武藤は「年間1位が目標。このまま連敗すると、それも遠のいてしまう。気持ちを見せないといけない」と話し、打開策を見出そうとしていた。

 浦和の次戦は6月22日、ホームでFC東京と対戦する。




取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)

 

最終更新:6/19(日) 21:03

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。