ここから本文です

鹿島が逆転勝利で優勝に王手!土居、遠藤のゴールで神戸を撃破

SOCCER DIGEST Web 6/18(土) 20:46配信

前半終了間際に土居、後半立ち上がりに遠藤のゴールで逆転!

[J1・第1ステージ16節] 神戸 1-2 鹿島 6月18日/ノエスタ

 J1リーグは6月18日、第1ステージ16節の9試合を開催。ノエビアスタジアム神戸で行なわれた神戸対鹿島は、2-1で鹿島が勝った。
 
 試合の均衡を破ったのは、ホームの神戸だった。24分に得たCKで、藤田のクロスに北本がヘッドで合わせて先制。鹿島の植田のマークを外してフリーで沈めた。
 
 さらに、続く38分にはオーバーラップした北本のスルーパスからP・ジュニオールがシュートを放つ。だが、これは惜しくもバーに阻まれ、43分にGKキム・スンギュのパントキックから迎えた決定機では、P・ジュニオールがシュートを打ちきれなかった。
 
 するとその直後の45分、鹿島が同点弾を見舞う。小笠原からの縦パスを受けた土居が金崎とのワンツーでエリア内に進入。完全にフリーになり、冷静に右足でサイドネットに流し込んだ。
 
 この勢いは後半に入っても止まらない。後半立ち上がりの50分。左サイドを起点に攻撃を仕掛け、最後はカイオのクロスに飛び込んだ遠藤がプッシュ。GKキム・スンギュの牙城を崩し、ついに鹿島が逆転した。遠藤はこれが今季初ゴールだった。
 
 試合はそのまま2-1でタイムアップ。鹿島が勝点3を加え、福岡と引き分けた川崎を抜いて首位に立った。鹿島は最終節のホームゲーム・福岡戦に勝てば優勝が決まる。

大久保PK弾も及ばず… 川崎、痛恨ドローで首位陥落

 ただし、最終節では累積警告でカイオと昌子が出場停止。守備の要と快速アタッカーを欠くなか、どんな戦いぶりを見せるのか注目だ。

最終更新:6/19(日) 0:30

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。