ここから本文です

オーバーエイジ内定の塩谷が2ゴール!リオ五輪へ視界良好

SOCCER DIGEST Web 6/18(土) 23:02配信

CKに合わせて同点弾を沈め、流れの中から決勝点!

[J1・1stステージ16節]サンフレッチェ広島4-2浦和レッズ
6月18日/エディオンスタジアム広島

【浦和】惨敗でステージ優勝消滅。怒るサポーターから水を浴びせられる

 6月18日に行なわれたJ1第1ステージ16節の広島対浦和戦で、広島のDF塩谷司が2ゴールを決めた。
 
 オーバーエイジとしてリオ五輪出場が内定しているCBは、1点のビハインドで迎えた64分。まずは、CKに合わせて右足を振り抜き、同点弾を沈める。
 
 そして、直後の69分には、果敢なオーバーラップでゴール前に侵入し、柴崎のシュートがポストで跳ね返ったところに詰めて、頭で押し込んだ。
 
 この塩谷のゴールで逆転した広島は、83分に途中出場の佐藤が決めて4点目。4-2で浦和を下した。
 
 殊勲の塩谷は「ホームで勝ちたくて、自分のゴールでしたけど勝てて良かったです」。さらに、逆転勝利の要因について、「ハーフタイムのウタカの説教かなと思います。説教というか、熱く戦うぞといっていて、それが効いたのかなと思います」と語った。
 
 身体能力抜群のCBは、まさに絶好調。リオ五輪代表を率いる手倉森誠監督も、顔をほころばせていることだろう。

最終更新:6/18(土) 23:06

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。