ここから本文です

【川崎】優勝から大きく遠のき、大久保は「プレッシャーに弱い」と嘆き節

SOCCER DIGEST Web 6/18(土) 22:37配信

「だけど、まだ(優勝の行方は)分からない。福岡がまたやってくれるかもしれない」

「今日はみんなが自信を持ってやっていなかった」
 
 そう吐き捨てたのは、負傷で欠場した中村に代わってキャプテンマークを巻いた大久保だ。地元福岡での試合で気迫が漲っていたものの、終わって見れば2-2の引き分け。2位の鹿島が逆転勝利を収めたなか、川崎は首位から陥落し、優勝から大きく遠のいた。
 
「サイドからあれだけチャンスを作って、クロスが合わないのは問題。結果論ですけど、みんなが自信なく見えた。今日は崩せる雰囲気がなかったし、すごく攻め急いでいた。焦ってしまったのもあったのかな。もったいないですね」
 
 開始9分、福岡に先制点を奪われて浮き足立った川崎は、続く15分にも失点。15分の時点で2点のビハインドを背負い、苦しい状況に追い込まれた。大久保は前線でボールを要求したものの、なかなかパスが届かず、前半はシュート1本のみに終わっている。
 
「プレッシャーに弱いんじゃないですか。やっていてすごく感じた」
 
 今節の結果次第では、第1ステージ優勝が決まるという状況だったが、大久保はチームの“異変”を誰よりも感じていた。不用意なミスが続いて2失点し、一方の攻撃は呼吸が合わないまま時間だけが経過。前半終了間際に小林が1点を返し、72分に大久保が2試合連続のPK弾を決めたが、反撃もここまでだった。
 
「(試合中)鹿島の結果は分からなかったけど、きっと鹿島が逆転しているんじゃないかなと思って。もうダメだなと」
 
 最終節、川崎はホームで大宮を迎え撃つ。かたや首位の鹿島はホームで福岡と対戦するなか、大久保やあえて余裕を醸し出すかのように、福岡にエールを送った。
 
「だけど、まだ(優勝の行方は)分からない。福岡がまたやってくれるかもしれない」
 
 そして、自身の経験と照らし合わせながら「残留争いのほうがきつい、マイナスだから。優勝争いはプラスしかないから」と前を向いた。この日、キャプテンマークを巻いた影響もあるのだろう。チームを鼓舞する言葉で締めくくった。
 
「まだ(優勝の可能性が)消滅したわけじゃない。俺たちは上手いんだぞと自信を持ってやりたい」
 
取材・文:大木 勇(サッカーダイジェスト編集部)
 

最終更新:6/19(日) 1:33

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。