ここから本文です

ヌード写真はどこまで進化し続けるのか:ライアン・マッギンレーによる待望の初個展

ローリングストーン日本版 6/18(土) 14:00配信

ヌード写真はどこまで進化し続けるのか。

国内外で圧倒的な人気を誇る写真家、ライアン・マッギンレーがついに日本での美術館初個展を開催。まだ無名だった2002年に、自作のZINEを業界関係者に配ったことで瞬く間に注目を集め、翌年には若干25歳でホイットニー美術での個展を開催するに至ったのは有名なサクセスストーリー。その後10年以上を経た今なお、アートの垣根を越えて、音楽やファッションでも活躍する彼が追い求めるのはヌード写真の可能性。大自然の中を駆け抜ける開放的なイメージや、真冬の氷の中に佇む驚くべきヌードなど、誰も見たことのないイメージを絶えず創造してきた。本展は約500点のポートレイトによるインスタレーション「YEARBOOK」、秋や冬をテーマとした最新作など、マッギンレーがセレクトした作品が一同に会する。稀代のイメージメーカーにして時代の寵児となったマッギンレーの今を目撃しよう。



ライアン・マッギンレー「BODY LOUD!」
2016年4月16日(土)~7月10日(日)
東京オペラシティ アートギャラリー
東京都新宿区西新宿3-20-2
Tel 03-5777-8600

Text by Nao Amino
http://www.operacity.jp/ag/exh187/

RollingStone Japan 編集部

最終更新:6/18(土) 14:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA