ここから本文です

1007本の手を有する観音像も見られる 中国の山深くに残る壮大な石刻群

CREA WEB 6/18(土) 12:01配信

Magnificent View #991大足石刻(中国)

 中国にはいくつもの石窟群がある。そのほとんどが仏教彫刻だが、儒教や道教、民間の風習までバラエティ豊かに表現されているのが、重慶にある大足石刻だ。唐代末期から宋代にかけて彫られた約5万体の摩崖石刻像が、41カ所に分布している。

 都が混乱していた唐の時代、安住の地を求めた人々は、この山深い地に移り住んだ。その中には腕のいい仏師もいたことから、多くの優れた石刻が彫られたといわれている。

 ご覧の石刻は、そのひとつである千手観音像。一般的に、手が10本もあれば千手観音像と呼ばれるが、この像は文字通り、1007本の手を持っている。

 これらを見るためには、交通不便な山奥まで行かなければならない。だが、戦争や文化大革命による破壊を逃れたのは、不便な立地であってこそ。山を越えようやく目にした石刻の数々には、きっと心を打たれるに違いない。

芹澤和美

最終更新:6/18(土) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか