ここから本文です

自分の投稿がリツイート可能に…「でも、使い道は?」

R25 6/19(日) 7:01配信

Twitter公式アカウントが6月15日、自分のツイートに対しても、リツイートが可能になったことを告知。しかしネットでは、その使い道に疑問を持つユーザーが相次ぐ事態となっている。

自分のツイートをリツイートする方法は、従来と同様だ。ツイートの下部に表示される「リツイートボタン」を選択すれば、リツイートを行うことができる。そんな新機能についてTwitterユーザーからは、

「自分のツイートをリツイートって使い道がわからん」
「自分のツイートRTして意味あるのかな???笑」
「自分でツイートして自分でリツイートしない」?

と活用方法と存在意義を問う声が多く見られ、戸惑う様子がうかがえる。ただ一方で、

「過去の告知・宣伝ツイートをもう一度、告知する手間を省く、ぐらいしか使い道を思いつかない」
「用途としては大事な事なので二度言いました的な使い方と、古いツイートをリツイートで新しいフォロワーに伝える等の使い道が想定できるだろうか」

など、使い道を冷静に分析する人も。とはいえ、やはりどこか戸惑いを隠せない様子だ。

Twitterは公式ブログで5月24日、今回の新機能をはじめ、返信ツイートの@ユーザー名や写真、動画などのURLを140文字に含まれないようにするなど、文字制限を緩和する方針を示し、順次対応していくと発表していた。「自分で自分のツイートをリツイート」もその一環で、いち早く実装されたようだが、使うシーンが想像できない人は多かったようだ。
(山中一生)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/19(日) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。