ここから本文です

アニメ「くまみこ」最終回!まちの将来は?

Smartザテレビジョン 6/19(日) 19:50配信

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「くまみこ」の最終回となる第12話『決断』より、先行カットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】第12話では、山神様の前で本心を語り後悔するナツの元に良夫から連絡が入り、ナツは居ても立ってもいられなくなる。一方、良夫と響のやりとりを聞いていたまちは…

【概要】

東北地方のとある山奥、中学生のまちはクマを奉る神社に巫女(みこ)として仕えていました。ある日、まちは後見人(人?)であるクマのナツに「都会の学校に行きたい」と訴えます。やる気はあっても根気はない、世間知らずのまちに、心配性のナツは都会で生きていくために必要なあらゆる試練を与えていくのですが…。

【第12話『決断』】

うっかり山神様の前で本心を語ってしまったナツは「まちのアイドルコンテストがうまくいくように祈りに行ったはずなのに…」と、後悔していました。山神様が本気にしないよう祈りを訂正しに行こうとしていると、タブレットの呼び出し音が鳴り出します。良夫からの連絡で、まちがいなくなったことを聞いたナツは居ても立ってもいられなくなり…。

一方、まちは良夫と響のやりとりを物陰で聞いていて…。

なお最終回第12話は、TOKYO MXでは6月19日(日)深夜0時30分より放送となっている。

最終更新:6/19(日) 19:50

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。