ここから本文です

桐谷健太、ターザンの実写声優には名前で選ばれた?

Smartザテレビジョン 6/19(日) 23:00配信

7月30日(土)に公開される映画「ターザン:REBORN」で、主人公ターザンの日本語吹き替え版声優を務める桐谷健太が公開アフレコイベントを都内スタジオで実施した。

【写真を見る】桐谷は、初めての実写版声優挑戦に「100%出し切った」と満足そう

“英国貴族のイケメン過ぎるターザン”の声優を演じる桐谷は、本作が実写声優初挑戦。「初の実写声優で、あの誰もが知っているターザンの声をやらせていただけるということで、気合いはもちろん、今から自然をもっと体にまぶして、実写に負けないワイルドでパワフルなターザンの声を演じたいと思います!」と、熱く意気込みを語った。

まるで本物かと見紛うほどに装飾された“ジャングル風”アフレコスタジオに登場し、少し緊張した面持ちであらためて「ターザン役の声優を務めさせていただきました桐谷健太です。本日はこんなにたくさんのマスコミの方に集まっていただき、本当にありがとうございます!」と深々とあいさつ。しかし、登場時にMCから“イケメン過ぎるターザン”と連呼されると「イケメンイケメンって言われたら出にくいですよ!(笑)」とツッコミ、報道陣の笑いを誘った。

今回、公開アフレコで披露されたシーンは「ターザンが、ジャングルのおきてにより、かつてともに育ったゴリラと対峙(たいじ)するシーン」。英国貴族のターザンが妻と故郷を救うため、シャツを脱ぎ捨て鍛え上げた肉体で戦いを挑む、本作の見どころの一つだ。

緊迫した難しいシーンでも、初挑戦とは思えないほど堂々たる演技を披露した桐谷に対し、吹き替えの演出を担当した、羽多野千賀子氏は「今回のターザンは非常に難しいキャラクター。感情を抑えた口調の中に熱い部分を込めなきゃならない中、桐谷さんは真正面から逃げずに挑戦してくれた」と、実力を絶賛。

これには桐谷も照れ笑いを浮かべながら「ターザンは僕自身もちろん知ってましたし、誰もが知っているので、そんな有名なキャラクターに、初挑戦ながら吹き替えができることに、とても感動しています」とコメントした。

「普段は関西弁なのですが『ジャングルちゃうんかい!』ってターザンが関西弁だったらおかしいですからね(笑)。(関西弁が)出ちゃった場合は、監督からもちろんご指摘いただいて、撮り直しました。感情を出す間が普段の演技と違っていたり、今まで味わったことのない表現方法で非常に難しかったですが、とても面白かったです。非常に俳優として勉強になりました」と振り返りった。

さらに、MCから「自分で点数をつけると何点?」と聞かれると「出せるものは出し切ったつもりなので、自分自身は100点…というか100%出し切りました! でも、点数は見てくれる人が決めてくれることですからね」と謙遜する場面も。

また、ターザンとの共通点については「自然や動物が好きなところ」と分析しつつ、MCから「桐谷さんもターザンと同じように動物と会話ができるのか?」と振られると、「さすがに、言葉は通じ合いませんよ!」とすかさずツッコミを入れつつ、「だからこそ余計に動物とは感情のやりとりができる気がします。『あ、こいつ俺のこと好きやなあ。俺も好きだよ』といったやりとりはできていると思います」と“自然派”らしい返答を。

さらに、トーク中には映画、ドラマ、音楽の世界を縦横無尽に目覚ましい活躍を見せる桐谷に対し「最近は『健太ッキー』(ケンタッキー)、そして本作『健太ーザン』(ケンターザン)と、ご自身のお名前で仕事をゲットしたと一部でうわさされているみたいですが…」と、唐突に“疑惑”が投げかけられる場面も。

対する桐谷は「『健太ーザン』は、初めて聞きましたよ!(笑)…え、これ僕が健太っていう名前だからターザン選ばれたんですか!?…まあ、でもそれで選んでいただけたのなら、健太で良かったです(笑)。トリッキーな役が多いですが、役者冥利(みょうり)に尽きますね。とてもありがたいです。海、山と来て、次は月とか星とかですかね?」と、笑いながら自虐気味にコメントし、盛り上げた。

そして日本時間の6月27日(日)にロサンゼルスで行われる「ターザン:REBORN」のUSプレミアへの出席を発表した桐谷。初の海外プレミアでのレッドカーペット参加に向け「日本のターザン代表として、本作の役者の方々と一緒にカーペットを歩けることは非常に光栄です! アレクサンダー・スカルスガルドさんとは来日時にお会いできなかったので、どんな話ができるのかとても楽しみ。と言っても『Nice to meet you!!』以降は何も考えていないんですが(笑)」と意気込みを語った。

最後に、映画の公開を待つファンに対し「皆さんのイメージや想像を覆す、全てが新しいターザンになっています。この暑い夏にぴったりの、キンキンに冷えた爽快感満載のスタイリッシュアクション大作なので、ぜひ楽しみにしていてほしいです!」とメッセージを残し、イベントを終えた。

最終更新:6/19(日) 23:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集