ここから本文です

思わず手にして出かけたくなる、超軽量スピーカー《Beoplay A1》。

Casa BRUTUS.com 6/19(日) 13:00配信

デンマークのセリシエ・マンツがデザインしたポータブルスピーカー《Beoplay A1》。

600gの超軽量アルミニウムボディに、ぬくもりを感じる革紐を組み合わせ、気軽に持ち運びたくなるデザインと機能を実現している。

〈バング&オルフセン〉のカジュアルライン〈B&O PLAY〉の最新作であるこの製品は、同社のBluetoothスピーカーでは最小サイズ。直径133×高さ48mmというコンパクトサイズながら、360度に広がるダイナミックな音場設計と、最大24時間のポータブル再生が可能なパワフルさが魅力だ。

幅広い行動範囲をサポートするために、本体からボタンなどが突出しないように配慮。表面を堅牢かつ滑らかな仕上げにまとめたことで、衝突や摩擦に強い耐久性を備えていることにも注目したい。キャンプやピクニックのお供に、《Beoplay A1》をバッグやリュックにくくりつけて出かけてみては?

text_Hisashi Ikai editor_Akio Mitomi

最終更新:6/19(日) 13:00

Casa BRUTUS.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。