ここから本文です

【36歳女の婚活奮闘記】No.18 30分遅刻は当たり前、何でも「なんくるないさー」な沖縄男

Suits-woman.jp 6/19(日) 13:00配信

こんにちは。PR会社に勤務しているまゆ子、36歳独身です。

婚活始めて6年、連絡を取り合った男性は100人以上。前回はひさしぶりにあった飲み会で出会いお付き合いをした男性のエピソードをお伝えしましたが、再び結婚相談所の紹介で出会った男性に戻り……はい、もう今回の男性で相談所を通じてお見合いをした男性は44人目でございます。

今回の男性は沖縄出身の28歳、飲食店勤務の男性でした。私の数多いお見合いの経験から、年下&飲食店勤務というと少しチャラくて、結婚向けではないかな~という印象があったのですが、もう選んでいる場合じゃないだろ~と周りからもお叱りをたくさん受けていたので、とりあえずお誘いには乗ってみることに。当時33歳だった私にとっては、5歳も年下。そこまで年上に興味を持ってくれるだけでもありがたいです(笑)。

沖縄出身ということで、目鼻立ちはくっきり……というかかなり濃い……。体はがっちりしていて、顔を見る限りはとっても優しそうな雰囲気の方でした。

地方出身の男性には今まで多く会ってきましたが、沖縄出身の方ははじめて。出身地って性格に出るというし、沖縄人は少し変わっている人が多いというので、あらかじめ沖縄人の性格を下調べまでして、「これで結婚になったら、実家帰る目的で沖縄にたくさん行けたりして~…」なんて妄想までしてみたりして、けっこう乗り気でお見合いへ挑むことになったのです(笑)。

お見合いの場所は、みなとみらいにあるホテルのラウンジでした。海が一望できるとても素敵な場所でそれだけでテンションアップ! 待ち合わせ場所には5分前に到着。ドキドキしながら、スマホを片手に待っていました。

ところが5分経っても、10分経ってもそれらしき人は現れません。仕方なくロビーにあるソファが空いたので、そこに座って待つことに。スマホでニュースアプリなどをチェックしたり、フェイスブックで友達の投稿に「いいね」したりして待っていたのですが、まだそれらしき人は現れず。さすがに15分待っても来ないのでメールをしてみると、「駅から迷ってしまって、もうすぐ着きます」とのこと。

え? 謝りの言葉はないの??

そして待ち合わせ時間から30分が経過したころ、ようやく1人の男性がやってきました。履歴書の写真通り、とっても濃く、インパクトのある顔なのですぐにわかりました。

「まゆ子さんですか? 横浜って人が多いですね~。かなり迷ってしまってちょっと遅刻しちゃいました~」

ちょっと、まずは謝りの言葉が先でしょ!! いきなり不信感を抱いてしまった私。30分も遅刻して「ちょっと」とはなんだ!! と怒りまでこみ上げてきたのですが……、とりあえず初対面で文句をいうわけにもいかず、そのままラウンジでお茶をすることに。

1/2ページ

最終更新:6/19(日) 13:00

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ