ここから本文です

元札幌レ・コン・ビンが現役引退。母国を牽引した“ベトナムの英雄”の知られざる波瀾万丈なサッカー人生

フットボールチャンネル 6/19(日) 9:00配信

 コンサドーレ札幌でもプレーしたベトナム人選手、レ・コン・ビンが引退を表明した。母国の英雄で、クラブ・代表でも活躍したレ・コン・ビンの引退は、同国にとって一時代の終わりとも言える。彼の生涯は波瀾万丈なものだった。(取材・文:宇佐美淳【ホーチミン】)

【動画】本田圭佑、苦難続きも“のびしろ”たっぷり? AKB小嶋真子と今シーズンを振り返ろう!【Fchan TV#8】

貧困だった少年時代。父親は麻薬密売で逮捕

“ベトナムの英雄”こと同国代表FWレ・コン・ビン(30歳)が今季限りでの現役引退を表明した。ベトナムサッカー界で前人未到の数々の偉業を成し遂げてきた偉大なる“CV9(背番号9のコン・ビン)”の足跡をたどってみよう。

 レ・コン・ビンは1985年12月10日、ベトナム最貧困地域の一つであり、国父ホー・チ・ミン師やドンズー運動(東遊運動=日本留学運動)を興した革命家ファン・ボイ・チャウの出生地として知られる北中部ゲアン省で、姉2人妹1人という4人姉弟の長男として生まれた。

 幼いころは母親が出稼ぎに行っており、父親の手で育てられた。その父親が交通事故に遭って重傷を負ったため、高額な治療費が発生し、家族は極貧の生活を送っていたという。怪我が治った父親は、貧しい人生から脱却することを決意し、麻薬密売に手を染める。

 しかし、すぐに逮捕されて禁固12年の判決を受ける。模範囚だったため、禁固8年に減刑されたが、多感な少年時代をこうした苦しい環境で過ごしたレ・コン・ビンは、いつか自分の力で家族を幸せにしようと心に固く誓ったという。

 貧しく、苦しい家庭環境だったが、サッカーの才能には恵まれていた。サッカーこそが貧しさから這い上がる唯一の手段だった。レ・コン・ビンは、14歳で地元ソンラム・ゲアン(SLNA)の下部組織に入団すると、持ち前のゴールへの貪欲さと努力で、めきめきと頭角をあらわし、18歳でトップチームに昇格。

 だが、プロになるまでも平坦な道のりではなかった。SLNAの同年代には、後にU-23代表のエースとなる“天才”ファム・バン・クインがおり、レ・コン・ビンに対するクラブ内での評価は当初、決して高いものとは言えなかった。

1/2ページ

最終更新:6/19(日) 15:35

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。