ここから本文です

レスターの新ターゲットは“ミニ・ポグバ”か ユベントスの若手MF獲得の可能性が浮上

Football ZONE web 6/19(日) 13:12配信

カンテ流出と欧州CL出場への同時対策か

 日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティがイタリア王者ユベントスの“ミニ・ポグバ”獲得を獲得する可能性が浮上している。英紙「ガーディアン」が報じている。

イブラ本命はミラン!? 伊紙が大物FW10人の去就を大胆予測

 今季、奇跡の優勝の立役者となったフランス代表MFエンゴロ・カンテにはパリ・サンジェルマン移籍の可能性が浮上している。中盤の人員増強を図るレスターはユベントスのガボン代表MFマリオ・レミナを補強リストにリストアップしているという。

 22歳のレミナは今季マルセイユからユベントスへ期限付き移籍した。パワフルなフィジカルと技術をブレンドした“移籍金1億ユーロの男”と呼ばれる同僚のフランス代表MFポール・ポグバのミニバージョンというタイプのレミナは将来有望と高い評価を受けている。

 ポグバに加えてイタリア代表MFクラウディオ・マルキージオ、同MFステファン・ストゥラーロ、ドイツ代表MFサミ・ケディラも所属するユベントスの中盤は層が厚く、今季はリーグ戦の出場が10試合にとどまった。それでも2ゴールを決めるなど、才能の非凡さは見せつけている。

 カンテが流出した際に備えて、ニースのU-21フランス代表MFナンパリス・メンディへ獲得のオファーを出しているレスターだが、来季は欧州チャンピオンズリーグに初参戦となる。クラウディオ・ラニエリ監督は陣容強化にむけた布石を着々と打っている様子だ。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/19(日) 13:12

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。