ここから本文です

ルーニーがマンU契約延長へ 中盤の“マエストロ”への変貌も前向き

Football ZONE web 6/19(日) 15:44配信

キャリアをユナイテッドで終えることが濃厚

 イングランド代表FWウェイン・ルーニーにマンチェスター・ユナイテッドとの契約延長の可能性が浮上している。クラブと代表の両方でキャプテンを務め、イングランド代表の歴代最多得点記録も保持する英雄は、“赤い悪魔”でキャリアを終えることが濃厚となっているようだ。英紙「サン」日曜版は「ウェイン・ルーニーは、ミッドフィールドのマエストロとして、マンチェスター・ユナイテッドとの新しい契約にサインする準備を進めている」と報じた。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 現在30歳のルーニーは現時点でユナイテッドと2019年6月末まで契約を結んでいる。来季から就任するジョゼ・モウリーニョ新監督もチェルシー時代にルーニー獲得を狙うほど評価している。ここ10年でのイングランド最高の選手と考えているため、契約延長を指示すると見られている。

 30歳を超えて以前ほどのスピードは失われたが、テクニックは決して錆びつくことなく、得点力も健在だ。それだけではなく、このところは中盤へのコンバートが本格的に進んでいる。ポジション変更によりさらにキャリアが伸びるだろうとも考えられている。現在開催中の欧州選手権でも、センターハーフとして組み立てやチャンスメークで存在感を発揮している。

チームにはギグスという先例も

 ユナイテッドのレジェンドで現アシスタントコーチ、ルーニーにとっては元チームメートの元ウェールズ代表FWライアン・ギグス氏も、元来はジャックナイフのような切れ味鋭いドリブルを武器としたウインガーだったが、年齢を重ねるにつれて徐々に中盤センターへポジションを移して40歳までキャリアを続けた。

 ルーニーもコンバートについて前向きな姿勢を示している。

「経験とともに長い時間を過ごしてくれば、試合についても見方も変わってくるし、異なる決断も導くものさ。僕のこれまでの記録が示していると思うけど、僕は得点を取るのと同じようにアシストも喜んでしてきた。より低いポジションでのプレーも楽しめるよ」

 イングランド最高の点取り屋から、イングランドのマエストロへ。ルーニーは年齢を重ねてもなお進化を続け、今後もチームの象徴として君臨することになりそうだ。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/19(日) 15:44

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。