ここから本文です

C・ロナウド、”乱入男”に対して紳士的に対応。肩を組み記念撮影に応じる

フットボールチャンネル 6/19(日) 15:20配信

 現地時間18日にEURO2016が行われ、ポルトガル代表はオーストリア代表と対戦し0-0の引き分けに終わっている。この試合終了後、男が乱入しクリスティアーノ・ロナウドに近づいたが、同選手は紳士的に対応した。18日に英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

【EURO2016 最新の順位表】

 同紙によると、スタンドにいた男が警備を振り切り、全速力でC・ロナウドを目掛けて走ってきた。その男はC・ロナウドに写真撮影を頼むと、快く受け入れ一緒に肩を組み記念撮影に応じたとのこと。引き分けたことによる不満を顔に表すことなく、笑顔で対応したようだ。

 過去にも同じように乱入者がC・ロナウドに近づいたことがある。この時も紳士的に対応し、ファンと抱き合う姿を見せた。時に試合に対する不満を口にすることもあるが、ファンや子供たちに対する対応は”紳士的に対応する選手”として知られている。

フットボールチャンネル

最終更新:6/19(日) 16:51

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。