ここから本文です

アーセナルのベンゲル政権がさらに延長へ クラブが2年契約延長オファー

Football ZONE web 6/19(日) 18:20配信

ファーガソン氏の記録に迫れるか

 プレミアリーグ2位に終わったアーセナルは来季21年目の指揮となるアーセン・ベンゲル監督に対し、新たに2年契約延長のオファーを用意。残留を希望しているという。英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

【全選手写真付き】英メディア選出のEURO2016“新米”ベストイレブン

 ベンゲル監督率いる“ガナーズ(アーセナルの愛称)”は今季3季ぶりに無冠に終わった。シーズン中にはサポーターがベンゲル監督解任を要求するバナーを掲げるなど、ファンからのバッシングもあった。しかし、クラブはフランス人指揮官の続投を希望しているようだ。

 ミラー紙は「アーセナルはアーセン・ベンゲル監督をさらに3シーズンに渡ってキープするために契約延長を計画中」と報じた。66歳になったベンゲル監督との契約は残り1年となったが、クラブの上層部はさらに2年の契約延長を希望。若手育成に定評のある名将とともに再びリーグの覇権奪還を目指す考えだ。

来季プレミアは現代の名将が集結

 1996年にJ1名古屋を離れて、北ロンドンの強豪クラブにやってきたベンゲル監督は、アーセナルでの指揮が20年を超え、現在イングランドプロリーグの中で最も長期政権を築いている。「インビンシブルズ(無敵軍団)」と称され、無敗優勝を成し遂げた2003-04シーズンをはじめ3度のリーグ制覇、6度のFAカップとコミュニティー・シールドと多くのタイトルを獲得してきた。

 新シーズンはかつてチェルシーを率いて、ベンゲル監督と激しい舌戦を繰り広げてきたライバルのジョゼ・モウリーニョ監督がマンチェスター・ユナイテッドの新監督に就任。さらにマンチェスター・シティではジョゼップ・グアルディオラ監督、チェルシーは現在イタリア代表を率いるアントニオ・コンテ監督を招聘するなど現代を代表する名将たちがイングランドに集う。

 群雄割拠のプレミアリーグで20年の経験を持つベンゲル監督は、さらなる長期政権を築くことになりそうだ。元ユナイテッドのアレックス・ファーガソン氏は27年間の指揮の末に13年に引退したが、ベンゲル監督はこの記録にどこまで迫ることができるだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/19(日) 20:44

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。