ここから本文です

岡崎との名コンビ継続! 「ヴァーディはレスターに残留する」とベンゲル監督獲得失敗認めた

Football ZONE web 6/19(日) 19:00配信

中国メディアのインタビューでアーセナルの名将が白旗宣言

 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は獲得の正式オファーを出していたイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが今季プレミア王者レスター・シティに残留ことを明言した。中国メディア「Tencent Sports」のインタビューで語ったもの。

 今季プレミアリーグ24得点を決め、リーグMVPも受賞したヴァーディ。6月に入り、アーセナルが違約金の満額2000万ポンド(約30億円)と年俸増額のオファーを提示したことで移籍の可能性が高まっていた。しかし、欧州選手権(EURO)前に完了すると見られていた交渉が結局まとまらず、ヴァーディは10日に開幕したEURO参戦のため早々にフランス入りしたため移籍話は進んでいなかった。

 インタビューで「ヴァーディがプレミアリーグ優勝のためのラストピースになるのでは?」と問われたベンゲル監督だったが、移籍実現の可能性を否定していた。

「今この時、ヴァーディはレスターの選手だ。そして、私の知っている限り彼はレスターに残ることになる」

【全選手写真付き】英メディア選出のEURO2016“新米”ベストイレブン

来季CL出場のレスターに朗報

 指揮官は戸惑いの表情を浮かべながら、女性リポーターの質問に答えた。現在のアーセナルのエースは身長193センチで、高さがポストプレーが巧みなフランス代表FWオリビエ・ジルー。今季16得点を挙げたが、ジルー以外の点取り屋は不在だった。アーセナルにとって大きな補強ポイントとなっていた。スピードスターのヴァーディはアーセナルにとっての絶妙な強化策に見えたが、どうやらその夢は泡と消えたようだ。

 レスターにとっては持ち前のハイプレスと高速カウンターを機能させる上で、欠かせないエースの残留はこれ以上ない朗報といえそうだ。いまだアルジェリア代表MFリヤド・マフレズやフランス代表MFエンゴロ・カンテ引き抜き話が絶えないが、抜群の連係を誇る日本代表FW岡崎慎司とヴァーディのコンビも継続となりそうだ。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/19(日) 19:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。