ここから本文です

「まだ何も勝ち獲っていない」スペイン貫禄のGL突破にも、指揮官は冷静さをアピール

フットボールチャンネル 6/19(日) 18:20配信

 EURO2016グループD、トルコ代表に快勝し、早々とグループリーグ突破を決めたスペイン代表。それでも、指揮官のビセンテ・デル・ボスケ監督は冷静に状況を見据えている。17日、スペイン紙『アス』が報じている。

【EURO2016 最新の順位表】

 苦しんだ初戦のチェコ戦と打って変わって、3-0と快勝したこの日のスペイン。指揮官は「率直に言って、いいプレーができた。まず、第一目標にしていた決勝トーナメント進出を決められてよかった」と述べる。

 あまり個々の寸評はしない指揮官も、この日2ゴールと活躍したFWアルバロ・モラタには「いい出来だった。右サイドのフアンフランがオーバーラップした際のスペースにも入ってくれる献身性も見せてくれた」とゴール以外の部分も称賛した。

 3連覇に向け復調の気配を見せたスペイン代表だが、それでも65歳の老練な指揮官は「まだ何も勝ち獲っていない。このまま誇り高く、献身性をもって戦い続けねばならない」と浮かれたところはない。いよいよ王者にエンジンがかかってきたようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/19(日) 18:26

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。