ここから本文です

英紙が選ぶ夏の移籍市場「注目の100人」 日本人選手で唯一選ばれたのは…

Football ZONE web 6/19(日) 23:28配信

大物から若手までランキング形式で紹介 マインツ武藤が60位にランクイン

 今年の夏は一体どんな大型移籍が実現するのだろうか。夏の移籍マーケットの本格化に向け、英紙「デイリー・テレグラフ」ではその去就に注目が集まる選手をランキング形式で100人選出。メガクラブによる争奪戦が噂されるワールドクラスから若手の逸材まで、バラエティに富んだ顔ぶれが紹介されている。そして日本代表からは、昨夏にマインツに加入したFW武藤嘉紀が、唯一60位に選出されている。

【PHOTOギャラリー】EURO2016を彩る欧州の美女サポーターたち

 昨夏から欧州の移籍市場を最も賑わせた日本人選手と言えば、武藤で間違いないだろう。今回のランキングでは60位に選ばれた。昨年はチェルシーから公式オファーがあったことが発覚し、大きな話題となった。最終的に武藤はマインツ移籍を決断し、ブンデスリーガでの挑戦に臨んだ。負傷により後半戦は欠場したが、20試合出場で7得点を記録。ブンデス初ゴールを決めた第3節(15年8月29日)のハノーバー戦で2得点、第11節(10月31日)のアウクスブルク戦ではハットトリックを決めるなど鮮烈なインパクトを残した。そして1月には英メディアでマンチェスター・ユナイテッドが武藤にオファーと報じられたために、より一層の注目を集めるようになった。

 英メディアは、今でも武藤を追いかけているようだ。特集では「武藤嘉紀はチェルシーではなくマインツを選んで、昨季ヨーロッパにやってきた。すると、彼はドイツにすぐさま馴染み、あっという間にチームの重要な選手となった」と評された。ハードワークを厭わない姿勢や、1年目から7得点という成績を残したことにも言及されている。今冬同様にマンチェスター・ユナイテッドが関心を示していると触れ、その移籍金は約1500万ポンド(約22億5000万円)と推定されている。

欧州で熱視線を浴びる19、20歳の逸材は…

 この特集の筆頭候補に挙がったのは、マンチェスター・シティからの移籍が噂されているコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ。ジョゼップ・グアルディオラ新監督とはバルセロナ時代からの確執が囁かれており、インテル移籍の可能性が報じられている。

 2位はアントニオ・コンテ監督が新たに就任するチェルシーや、シティが引き抜きを目論むユベントスのイタリア代表DFクリスティアン・ボヌッチ、3位にも同じくチェルシーのコンテ新監督が狙うローマのベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが入った。

 4位はレアル・マドリードでの立場が固まっていないコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス。移籍金は6000万ポンド(約90億円)と言われるレフティーに興味を示しているのは、マンチェスター・ユナイテッドだという。5位、6位、7位はいずれもドイツ代表選手で、ともに20歳のシャルケMFマックス・マイヤーとドルトムントMFユリアン・バイグル、そしてレアル・マドリードの司令塔MFトニ・クロースが選出された。

 8位はポルトのポルトガル代表MFルベン・ネヴェス。チャンピオンズリーグ(CL)のチェルシー戦での活躍で脚光を浴びた。今季はキャプテンマークを巻き、18歳でCL史上最年少キャプテンとなったことでも話題となった。チェルシーをはじめ、プレミア勢が熱視線を送る。9位はバルセロナが興味を示すアヤックスのオランダ代表MFリーシェドリー・バズール。10位はアンデルレヒトのU-21ベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスとなった。ネヴェスとティーレマンスともに19歳と、若手の逸材が上位に食い込んだ。

1/2ページ

最終更新:6/20(月) 6:58

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。