ここから本文です

15年後にはシェア50%に、「自動運転車」普及までの道のり

Forbes JAPAN 6/19(日) 8:30配信

ドライバーの大半は自動運転車に懐疑的だが、イリノイ大学で開かれたトランスポート・シカゴ・カンファレンスに登壇した専門家たちは、その懐疑心は次第に薄れ、自動運転車への移行が徐々に進むとの未来像を語った。



Cambridge Systematicsのサム・バン・ヘッケは「人々は車が自分でスピードを調整し、自動走行することに慣れつつある。自動運転車は10~15年で社会に普及して行くだろう」と語った。移行が進んでいることは、テスラの自動運転車のドライバーが渋滞中の道路で居眠りしている動画がネットに流れていることからも裏付けられている。

一方アメリカ自動車協会(AAA)が最近行った調査では、ドライバーの75%が自動運転車に乗るのを恐れていると回答し、80%は自動運転車を信じていないと答えた。調査では、すでに半自動運転車に乗っているドライバーは、より自動運転技術を信頼する傾向があることや、若者より年配のドライバーの方が自動運転車に対する忌避感が強いことも判明した。

都市エンジニアリング企業CDM Smithの交通アナリスト、ジョナサン・ハートは「ある日突然自動運転車に一斉に切り替わるわけではない。人間が運転する車と自動運転車が混在する状況は相当長く続くだろう」と予測した。

ミレニアル世代は車を所有したがらない

年配のドライバーにとって、車の所有は自由と同義かもしれないが、若者にその意識は薄く、ミレニアル世代は自動車の保有に消極的だ。ハートは「若い世代は車の所有よりシェアを好むかもしれない。孫の代にはその傾向は強まるだろう」とも語った。

我々の孫の代は、自動運転技術を受け入れるだろう。それは自動運転車に慣れるからだけでなく、そのメリットが見えるようになるからだ。自動運転車は温室効果ガスの排出と駐車需要、保険コスト、交通死亡事故を劇的に引き下げる可能性を持ち、節約効果は年間1兆ドルと見込まれる。また、ヒューマンエラーによる交通事故の90%を減らすとの試算もある。

企画会社HNTBで交通グループディレクターを務めるクロス・コップは「自動運転車は交通死亡事故をゼロに近づけるための解だ」と言う。また、ハートも「自動運転車は人間よりも何倍も安全だ」と同調した。

1/2ページ

最終更新:6/19(日) 8:30

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。