ここから本文です

【福岡】電光石火の2ゴールに込められた金森健志の意地

SOCCER DIGEST Web 6/19(日) 8:00配信

「どちらのゴールも、いつも自分がやりたいような狙い通りの形だった」

[J1・1stステージ16節]福岡2-2川崎 6月18日/レベスタ
 
「電光石火」――。金森健志が川崎戦で挙げた2ゴールは、まさにこの表現が相応しい。
 
 最下位の福岡は、首位・川崎相手にも引かず、「先に点を取りに行く」プランでゲームに臨んだ。すると9分、GKイ・ボムヨンのキックフィードをウェリントンが頭でそらしたボールに邦本宜裕が飛び込み、相手DFのクリアが甘くなったところを金森が颯爽とインターセプト。飛び出してくるGKの足もとを狙い、冷静にゴール右隅に流し込んだ。
 
 さらに先制点からわずか6分後には、「良い位置関係でやれた」(金森)邦本とのワンツーで抜け出すと、キックフェイントでDFを外し、左足を一閃。川崎のGKチョン・ソンリョンの手の下をすり抜ける高速シュートで立て続けにゴールネットを揺らす。開始15分で2点のリードを奪う“予想外”の展開に、ホームのレベルファイブスタジアムは熱狂の渦に巻き込まれた。
 
「ウチのホームで優勝を決められるのは嫌だったし、とにかく勝つことだけを考えてやっていました。自分がゴールを決めないと勝てない、と。ウェリ(ウェリントン)が競り勝っていたのでそこのこぼれ球と、攻撃的なエウシーニョ選手の裏を狙っていました。どちらのゴールも、いつも自分がやりたいような狙い通りの形でしたね」
 
 J1リーグ戦初の1試合・2得点を記録したなか、1点リードで迎えた48分の場面がひとつの勝負の分かれ目だった。末吉隼也の叩いたボールをウェリントンがアタッキングサードのスペースに流し、金森がスピードに乗ってカウンター。しかし、DFと並走しながら左足で放ったシュートは、枠を捉え切れずにサイドネットに突き刺さった。その後は徐々に川崎ペースとなり、72分に同点に追いつかれてしまっただけに、3点目が決まっていれば……。もっとも、それは本人が痛いほど理解しており、それまでの2得点の価値が色褪せるわけでは決してない。

【福岡 2-2 川崎 PHOTO】0-2から追いつくも勝ち越せず… 川崎が首位陥落

1/2ページ

最終更新:6/22(水) 1:57

SOCCER DIGEST Web