ここから本文です

【福岡】藤春のオーバーエイジ内定は「正直なにも思わなかった」――亀川諒史の真意はどこにあるのか

SOCCER DIGEST Web 6/19(日) 8:00配信

「自分のひとつのプレー選択が勝てた試合を潰してしまった」

 最下位と首位の対決。しかも、川崎は鹿島の結果次第でJ1リーグの第1ステージ優勝を決められるかもしれない。そんな大一番は、大方の予想どおりには進まなかった。

 結果は2-2のドロー。福岡からしてみればジャイアントキリングとはならずとも、本拠地で胴上げを阻止する勝点1を得たのだから及第点以上の結果と言える。

 だが、左SBとしてリオ五輪メンバーの有力候補でもある亀川諒史は、試合後に違う見解を持っていた。それは、チームが18位に沈むなかで首位チームから勝点1を奪い取れたという“御の字”とは別の思考だった。

「(福岡が最下位にいる)今の状態での勝点1は、0とほぼ変わらない。今日の試合は(金森健志のゴールで)幸先の良いスタートを切れていたし、必ず勝点3を取らなければいけなかったし、取れるとも思っていた」

 ミックスゾーンで記者に囲まれ、リーグ屈指の攻撃力で首位に立っていた川崎との試合について訊かれると、堰を切ったように悔しさばかりを口にした。

 確かにボールを回されることを前提に戦いを組み立て、途中まではプランを忠実に実行できていた。いや、それを超えていたと言っても過言ではないだろう。9分と15分に早々と2点を先制していたのだ。

「前半を2-0で折り返せていたら、後半をもっと楽に戦えただろうし、結果も変わっていたはず。自分のバックパスミスからCKが2回続いて、その流れで1点を失った。結果として後半の川崎は攻撃の迫力をどんどん増してきて、気圧されてズルズルと引いてしまった。その意味で、自分のひとつのプレー選択が試合を潰してしまったと言っていい」

 90+2分にイエローカードをもらったことで次節・鹿島戦は出場停止になってしまった。それも含めて、チームに迷惑を掛けたと繰り返す。確かに前半に対峙した日本代表の小林悠の迫力とプレーの質に圧倒され、精彩を欠いたパフォーマンスに終始した。それでも、後半には盛り返し、試合終盤には果敢なオーバーラップからチャンスを作り出している。
 
「2-2にされて、逆に開き直れたところはある。ただ、2-1の状況で追加点を奪いに行くシチュエーションを作らなければいけなかった。川崎の武岡選手はかなり高い位置を取っていたので、カウンターを狙っていた」

1/2ページ

最終更新:6/19(日) 20:08

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ