ここから本文です

C・ロナウドがまさかのPK失敗!! ポルトガル、攻め切れずに痛恨のスコアレスドロー

SOCCER DIGEST Web 6/19(日) 6:25配信

当たりまくったオーストリアGKアルマーに…

 6月18日(現地時間)、グループFのポルトガル対オーストリア戦はスコアレスドローに終わった。
 

C・ロナウド ポルトガル最多キャップ記録を更新! 代表キャリアをプレイバック


 初戦でアイスランドと引き分けたポルトガルと、同じくハンガリーに歴史的勝利を献上したオーストリア。いずれも格下と思われた相手に勝点を取りこぼした両チームの一戦は、立ち上がりからポルトガルが圧倒的にゲームを支配する。
 
 開始3分にザビツァーの右からのクロスを、中央で待ち構えるハルニクに頭で合わせられ、いきなり肝を冷やしたポルトガルだったが、前半に許したシュートはこの1本だけ。逆にオーストリア・ゴールに12本のシュートを浴びせる。
 
 12分、左サイドを抜け出したナニがDFをひとり交わして近距離からシュートを放つが、これはオーストリアGKアルマーが弾き返す。
 22分、ゲレイロがナニとのワンツーで左サイドを切り裂き、ラストパスをC・ロナウドがインサイドで合わせるが、惜しくもゴール左へ。
 29分、ショートCKからゲレイロが上げたボールをナニが頭で叩くも、今度は左のポストが邪魔をする。
 
 C・ロナウド、ナニ、そして怪我が癒えてスタメンに復帰したカレスマの3トップを中心に攻め立てたポルトガルだが、初戦同様、フィニッシュの精度を欠いて、ゴールが遠い。
 
 打てども打てども決まらない展開は、後半に入っても変わらない。
 
 55分にはペペのオーバーラップからC・ロナウドが低い弾道のシュートを放つが、アルマーがセーブ。その流れのCKから再びC・ロナウドが強烈なヘッドを見舞うも、これまたアルマーがストップする。オーストリアのベテラン守護神はこの日、乗りに乗っていた。
 
 極めつけは78分だった。C・ロナウドがエリア内でヒンターエッガーに倒されて、ポルトガルにPKが与えられる。しかし、C・ロナウドが自ら蹴ったシュートは、アルマーの逆を突きながらも、左のポストに弾かれた。
 
 80分、FKを完璧に頭で叩いたシュートも、オフサイドの判定。この日、フィーゴの持つポルトガルの歴代最多キャップを更新(128試合)したC・ロナウドだが、ツキにも完全に見放されてしまった。
 
 結局、ポルトガルが放った23本のシュートはひとつも実らず、試合はこのままスコアレスドロー。
 
 最終戦にいずれもグループステージ突破の可能性を残したとはいえ、ポルトガルはその決定力不足が深刻だ。
 一方のオーストリアも、トップ下で起用されたエースのアラバがまったく存在感を発揮できず、ゴールへの道筋すら描けなかった。放ったシュートは前後半を通じてわずか3本だった。
 
 戦前、グループFの“2強”と呼ばれた両チームが、不安定な航海を続けている。
 
 

最終更新:6/19(日) 13:13

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。