ここから本文です

フィーゴの記録を塗り替えたC・ロナウド――ポルトガル「新旧7番」の運命的なつながり

SOCCER DIGEST Web 6/19(日) 6:25配信

初キャップはフィーゴとの交代で。

 ルイス・フィーゴが持っていたポルトガル代表の歴代最多キャップ記録を、ついに塗り替えたクリスチアーノ・ロナウド。その代表キャリアを紐解くと、フィーゴとの不思議な因縁が浮かび上がる。
 
 ロナウドが初キャップを刻んだのは、2003年8月20日のカザフスタン戦。後半スタートからの途中出場で、ハーフタイムで交代した相手がフィーゴだった。
 
 翌04年、自国開催のEURO2004に19歳で出場。ギリシャとの開幕戦で決めた代表初ゴールをアシストしたのがフィーゴだ。後半ロスタイム、フィーゴのCKに頭で合わせてネットを揺らした。
 
 ワールドカップでの初ゴールも、フィーゴの“アシスト”からだ。06年のドイツ大会、グループリーグ2節のイラン戦。フィーゴがエリア内でファウルを受けて得たPKを、ロナウドが決めた。
 
 フィーゴの代名詞だった「7番」の背番号を受け継ぎ、いま、このレジェンド越えを果たしたロナウド。ポルトガルの「新旧7番」は、運命に導かれたようにつながり合っている。
 

【写真で振り返る】C・ロナウドの128キャップ

 

最終更新:6/19(日) 7:38

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。